2008年04月08日

曜日によって気分がちがう!?

サラリーマンをやっている方の中には、

こんな人がいたり、こんな人を知っている人がいるんじゃないでしょうか。



金曜日になると、そわそわして仕事に集中できない。
日曜日の夜になると、ブルーな気分になる。



「そんなの当たり前じゃん!」


と言う人もいるかもしれません。

そしたら、平日休みの人はどうかと言うと、

そわそわするのは金曜日じゃないし
ブルーな気分になるのは日曜日じゃない。


つまり、これもアンカリングなんです。


土日が休みの人は、金曜日になると、

「今日の仕事が終わったら、好きなことができる。」
「仕事が終わったら、思いっきり飲むぞ〜。」
「土日はデートだ。」

とか、休日のことをいろいろ想像すると思います。



 金曜日  →  休日  →  楽しい!!

となっていて、間にある「休日」が抜け落ちた結果、

 金曜日  →  楽しい!!(そわそわ)

になっているのです。



同じように、日曜日の夜は


日曜日の夜  →  休日終了  →  仕事スタート  →  ブルーな気分↓


となっているところで、間が抜け落ちて


日曜日の夜  →  ブルーな気分↓


になっています。
だから、土日休みではない人は、別の曜日で同じようなことが起きていることでしょう。


これは、曜日によるアンカリングと言えると思います。
posted by Holy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実はアンカリングをエリクソン催眠に利用していた

昨日の記事では、エリソン催眠の技法がアンカリングに
応用できるんじゃないかと言うことを書きました。


しかし、



本を読み進めてみると、衝撃的な事実が



催眠状態を誘導するときには、相手が以前に催眠状態になった時の
アンカーを使っているというのです。

それはもちろん、五感(特にVAK)による刺激をイメージさせることで
催眠状態を誘導することになります。


そしてさらに、催眠状態になったら、その状態をアンカリングすることで
再度、催眠状態を誘導することを容易にできると書いてあります。

催眠誘導するときは、声の調子、動作、姿勢、表情を普段と違うものに
しておけば、声の調子や姿勢、表情を変えるだけで、相手を催眠状態に
変えることができるようになると。



催眠状態という、無意識が意識より優先されている状態すらも
アンカリングできてしまうというのが、衝撃的であり、納得のいくものでした。


ラベル:エリクソン
posted by Holy at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

エリクソン催眠をアンカリングに応用

エリクソン催眠の本を読んでいたら、目から鱗の内容がつぎつぎと


相手を特定の状態に誘導するための技術が紹介されています。
まだ途中なんだけど、

自然に催眠状態に誘導するには、接続詞を選ぶことが大切。

たとえば、
「そして」「そのとき」「このようにして」
など。

前文と後の文章が内容的につながりのないものでも、このような
接続詞を使うことで、つながりがあるように感じられる。

「あなたは今、椅子に座って目を閉じていますね。そして、
 椅子の硬さを感じることができ、また、鼓動の速さを知ることもできます。」

と言った具合に。

相手にとって、まず間違いないこと(椅子に座っていること、目を閉じていること)を
言った後に「そして」でつないで、
鼓動の速さを感じ取ってもらうところまで移行しました。


これを応用すると、相手が望んでいる状態(感情)を誘導するのが、
簡単になるだろうと思います。

「鼓動の速さを知ることもできます。そうすることで、あなたが望んでいる感情を
 感じ取ることもできるようになります。」

と言った具合に。

ほかにも、視覚的なイメージで誘導したり、聴覚的なイメージで誘導することも
できるはずなので、さまざまな状態に誘導する際にとても有効な手段だと思います。


エリクソン催眠はすごい!

もっと勉強しよう。そして、ドンドン実践しよう!
posted by Holy at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

趣味に走っている彼とうまくやるアンカリングテクニック

恋愛で使えるアンカリングテクニックを紹介します。

そんなに難しいテクニックではないけど
少々忍耐が必要かもしれません。



自分の趣味に走ってしまって、なかなか自分を見てくれない彼を
どうにか自分の方に向けさせたい場合に使えるテクニックです。



趣味もアンカリングのひとつです。
はじめてその趣味に接したときに、非常に楽しい思い出だと

その趣味 = 楽しい

というアンカリングが成立して、その後は趣味を優先的にやっていきます。
だから、


始めてスキーをやったけど転んでばかりでちっとも楽しくなかったと


言う人はスキーを趣味にしませんが、


少しは転んだけど、そこそこ滑れたし、たくさんの友達と行ったから楽しかった


と言う人は、スキーが趣味になる可能性は高いでしょう。


で、どうするかと言うと


「趣味 = 楽しい」


という図式を


「彼女 = 趣味 = 楽しい」

に変えるようにするんです。
具体的には、

しばらくは彼の趣味にトコトンつきあって、

「彼女と一緒に趣味のことをやると楽しい」

と思わせるようにするんです。


「彼女が一緒じゃないと、趣味のことやっても楽しくない」

に変化したらOKです。
ここまで来たら、一緒に彼の趣味のことをやらなくてもよくなります。

彼は、あなたと一緒にいるだけで楽しいと感じるようになり
趣味のことを放り出すでしょう!



ポイントは
あなたと一緒に趣味のことをやるときに、彼をメチャメチャ楽しませて
あげることです。1人でやっているときが退屈に感じるぐらいに。
posted by Holy at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

アンカリングを分類してみる

アンカリングテクニックの使い方は、主に3つに分類される
と思う。


1、感情(状態)を呼び出す。

2、感情(状態)を維持する。

3、別のアンカーをつぶす。



この3つを基本にして、いろいろ応用できるんじゃないかな。

アンカーの連鎖、アンカーの積み重ねもそうだし、
他のテクニックとの組み合わせもありだな。
posted by Holy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

アンカリング祭り開催!!

しようと思います。


でも、どんな問題解決を望んでいるんだろうな〜。


「苦手な人が楽しい飲み仲間になっちゃうアンカリング」

とか

「男性が苦手な女性が、言いたいことを言えるようになるアンカリング」

とか、どうだろう?

あと、

「旦那が自分から家事を手伝いたくなるアンカリング」

ていうのもおもしろそうだね。



このブログを呼んでくださっている方におねがいです。
どんな問題を解決したいですか?

おしえてください。その問題を解決する方法を提供します!!
posted by Holy at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

アンカリングは日常的

ある友人の話を聞いていて、

アンカリングって日常的におこっているんだなぁと
思ったエピソードがありました。




「品川とか上野とか、駅構内に飲食店が充実している駅があるから
そういうところで食事できるよね。」


と言ったら、


「駅の中で食事するのはちょっと〜。」


と歯切れの悪い返事。
歯切れの悪い理由を聞いたら、


ある日、駅のホームにあるそば屋で立ち食いそばを
食べようとしていたとき

そうとうムカつくことがあったらしいです。




(それって、普通じゃん。)


と言うツッコミがありそうですが、

そうなんです。
これもアンカリングなんですが、とっても普通のことなんです。



人はいろんな経験をアンカリングして学習しているんですね。

一度経験したことを学習するために、アンカリングを利用しているんです。

アンカリングされたものは、次から特に考えないで
条件反射的に選択・行動できるようになるんです。


アンカリングの原因に気づかないでいるのと、気づいているのと
意図的にアンカリングしているのでは、自分の人生の質が
変わってくるでしょうね。


自分の好き嫌いや自然にとってしまう行動など、
いちど振り返ってみると面白いかも。
posted by Holy at 00:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

食べ物の好き嫌いはアンカリング

食べ物の好き嫌い(特に食わず嫌い)は
アンカリングによって作られた感覚です。


例えばトマト



好きだという人もいれば、大嫌いだという人もいる。
同じトマトに対して、人は同じ反応をしないのはなぜか。

それは、昔トマトを食べたときに感じた感情が
よいものだったのか(食感、味、色・ツヤ)
それとも悪いものだったのか
によって変わる。


最初にトマトを食べたときに、いい想いをしていれば
トマトを好きになっただろう。
それは必ずしも、トマトを食べていなくてもいい。
何かいい想いを強く体験したときに、
目の前にトマトがあったら、トマトを好きになる。

何か悪い想いを強く体験したとき、
目の前にトマトがあったら、トマトを嫌いになる。



好き嫌いの好みは子供の頃作られる!

そして好き嫌いの好みはアンカリングで修正できる。

ということは、アンカリングで好き嫌いの偏食を解消し
健康的な食事メニューで節制できるようになるとこうことだ。

よしっ!
posted by Holy at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

アンカリング、コーチングの感想その2

今日もアンカリングを使ったコーチングを受けてくれた
クライアントさんからの感想(体験談)をのせたいと思います。

会社の人間関係で悩んでいたクライアントさんです。




本当に不思議なんですが、あれ以来、心のわだかまりが解けて、気楽になりました。
あれから、彼らとは何度も(三人で!!)、仕事帰りに飲みにも行ったのですが、
楽しく過ごしています。
今まで自分がやってみたかった仕事も、ひょんなことから上司に指示されて、
やりがいを感じながら働いています。
(その代わり、仕事がすごく忙しくなってしまって、深夜帰りが続いていますが・・・。)


相変わらず、将来はあまり見えないのですが、コーチングを続けたいと思います。

(あらきあきこさん、会社員)



彼女にはお気に入りの音楽をアンカーにしてもらいました。
少し関係がこじれてしまっていた、会社の先輩と上司の方との
関係を改善されたそうです。


彼女が改善したいと望み、それに向かって行動した結果ですね。
本当にすばらしい、彼女のようなクライアントに出会えたことが嬉しいです。


人生をよりよくしたいと考えている人は大歓迎です。
そのためになら、行動できるというクライアントさんと
おつきあいできると、本当に気持ちいいです。

そんな人たちは自然とお手伝い(コーチング)したくなっちゃいます。
posted by Holy at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンカリング、コーチングの体験談

僕のクライアントさんにアンカリングをやったときの
体験談をクライアントさんが送ってくれたのでのせます。
(ちなみに文中の「Holy」は僕のことです。)



Holyさんのコーチングを初めて受けたときの感想は
「すごく信頼できる」
でした。
彼が一つ一つ丁寧かつ核心を突く質問をしてくれたおかげで
自分が本当はどうしたいのかがはっきりとしてきました。

自分の嫌がっていることや不安に思っていることも
それを見事に打ち消してくれました。

アンカリングというものをしてもらったとき

”自分の気分がこんなに簡単に変わっていいの?”

って笑いがこみ上げてくるぐらい
今まで苦手だったことが楽しく感じられるようになりました。

彼のコーチングを受ける前と受けた後の自分を比べてみると

メガネをかけていない時とかけている時

ぐらいはっきりと違いを感じられます。

本当にHolyさんのコーチングは信頼感があるので
なんでも安心して話せるし、
心から応援してもらえるという心強さがありました。
Holyさんありがとう、これからもよろしくお願いします。

(加藤龍さん、20代、自営業)




Bruce感想おくってくれてありがとう!!
posted by Holy at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。