2008年05月14日

色って不思議 その1

この半年ぐらいは、ロゴデザイン、名刺デザイン、似顔絵とか

絵を描いてきて「色」って面白いなぁと、改めて思った。




この色を見て何を連想するか、何を感じるか。
それが、人によって違う。


例えば

誠実、信頼      といったことを連想したり、感じる人もいれば
冷たい、近寄りがたい といったことを連想したり、感じる人もいる。


このことも過去の経験がアンカリングされた結果だと思うんですよね。

もちろん、その時のその人の状態によって感じ方が違うこともあるとは思いますが。




誰がどんな状況でどんな色を見たら、何を感じるか。


を想定しながらデザインするのがとても大切なので
こんなことを書いてみました。


デザインを依頼する人は、自分の思い入れで色を決めるよりも
それを見た人が何を感じてほしいのか、で色を決めたほうがいいでしょうね。

posted by Holy at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

アンカリングで狙っているもの

アンカリングは色んなことに使えるんです。
今日は、どんな変化を狙っているのかという視点で書いてみます。


NLPにはニューロロジカルレベルという、人間の学習と変化のレベルを
6つの階層に分けて考えるというものがあるそうです。
(あるそうです。というあたりが本人もわかってない証拠(笑))

6、スピリチュアル
5、アイデンティティー
4、信念・価値観
3、能力
2、行動
1、環境


この6つのレベルの上位(数字が大きいもの)の変化は
下位(数字の小さいもの)への影響がおこります。

そして、この6つのレベルに対してアンカリングで変化を
起こすものは、いま理解できている範囲で

行動、能力、信念・価値観、アイデンティティー
スピリチュアルです。


行動(コーチング)
アンカリングによってある感情をコントロールすることで、
行動に変化を起こすことができます。

能力(ティーチング)
内在する能力をアンカリングによって引き出すことができます。
例:エクセレントサークル

信念・価値観(メンタリング)
思い込みや価値観を、新しい信念や価値観に変えられます。
例:パワーボキャブラリー

アイデンティティー(スポンサーシップ)
新しい自己認識を言葉で表現(ネーミング)することで、
言葉がアンカーになって、新しい自己認識を呼び出すことができる。
例:アイデンティティーをつくる

スピリチュアル(アウェイクニング)
アップタイム状態をアンカリングすることで、アウェイクニングを
助けることができます。



アウェイクニング(覚醒)に関しては、まだ十分に理解していません。
これが起こると人生の目的や意義に変化が生じて、アイデンティティー
信念・価値観、行動に大きく影響します。



posted by Holy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

アンカーとして利用するもの

このブログを読んでくださっている方から
お問い合わせをいただいて、気づいたことがありました。


いろんなものがアンカーになるけど
使いやすいアンカーや、状況に合わせたアンカーは
どんなものがあるんだろうか。



新しくアンカーをセットするときに、使いやすいアンカー

1、体のどこかに触れる(押す)

2、音楽(歌)を聞く

3、臭いを嗅ぐ

4、何かを見る


人は五感から刺激を受けるので、その中で順位をつけました。
順位の基準は

 ・特異な刺激になりえるか
 ・いつでもどこでもアンカーを点火できるか

です。


体のどこかを押すのは、道具がいらないので
いつでもどこでもできます。
それに強く押した場合は、普段なかなか感じない
刺激になるので、1位です。

音楽も今では手軽に聞くことができるし
曲が変われば特異な刺激になるので、2位にしました。

見ることは普段から過剰なほど刺激を受けているので
強くて特異な刺激になりにくいと思い、4位です。

味を感じるのは、いつでもどこでもとはいかないので
5位(実質的には使えません)

臭いはアロマとか香水とか、わりと身近な上に
特異な刺激になるので3位にしました。



服装を変えたり、アクセサリーを身につけることで
気持ちが切り替わることがあります。
これは、弱い刺激でも繰り返すことでアンカーが
定着したものなので、
意図的に、早い結果を得るアンカリングには向いていません。

posted by Holy at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

アンカリングセミナー

そろそろ、アンカリングのセミナーを開こうと思います。

(ようやくか、と思っていただけていることを期待して)




内容は

・簡単にやれるアンカリング
・好ましくない習慣を、プラスの行動へ変えるアンカリング
・新しい習慣を作り出すアンカリング
・いつでも最高の自分になれるアンカリング

こんな感じでやろうと思います。

あとは、参加者のリクエストに応じて
アンカリングを実演したいと思います。



【アンカリングでいつでもお祭り気分】

開催日時: 2008年7月21日(祝)
      13:30〜(13:00受付開始)
        16:30

開催場所: アートフォーラムあざみ野 会議室1

      横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
      横浜市市営地下鉄・東急田園都市線「あざみ野」駅徒歩5分
      地図はこちら

参加費用: 3,000円(事前振込み)

お申し込み:こちらから

posted by Holy at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

アンカリングの目的

アンカリングは感情とか体の状態を

簡単に変化させる事ができる協力なテクニックですが

その目的は、その人がより良いパフォーマンスを

発揮できるようにする事です。



その目的の中でも、大きく分けて3つの利用法があります。

1、特定の状態を「呼び出す」

2、特定の状態を「維持する」

3、特定の状態を「くくりつける」

アンカリングに関して書かれている関連のサイト多くは
1の「呼び出す」ことに関してしか書かれていませんが

そのことを応用すると「維持する」「くくりつける」ことも可能です。



「呼び出す」は、アンカーを点火(アンカーを作動させること)して
特定の状態を呼び出すことをいいます。



「維持する」は、アンカーの点火を維持することで
特定の状態のままを維持することをいいます。



「くくりつける」は、特定の状態を強くアンカーと結びつけて
アンカーを点火しない限り、特定の状態になることを防ぐことをいいます。



「呼び出す」の例は、体の一部分(肩など)を ポン と触れる。

「維持する」の例は、音楽を流し続ける。

「くくりつける」の例は、普段使わない道具(椅子など)をアンカーにして
その道具を目の届かないところに置く、もしくは処分する。



ただし「くくりつける」は、感情や体の状態を一時的に切り離す行為なので
エコロジーチェックを慎重にやる必要があります。


*エコロジーチェック
その行動をとることで、他の場面で不利益になることがないかチェックすること。

例えば、体重を減らす為に、食事をこれまでの半分の量にしたとしたら
確かに体重は減るかもしれないが、健康を損なう恐れがある。
この場合は、食事の量を減らすべきではないということになる。

posted by Holy at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

アンカリングについてまとめていきます。

ここまで、アンカリングに関する事を

あれこれ書いてきたので

この辺で、少しずつ整理していきます。



このブログを読んでくださった方が、アンカリングを

理解して、使えるようになっていただけるような

内容・構成にしていきます。



posted by Holy at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

6段階リフレーミングへアンカリングを応用

NLPの大切なテクニックのひとつに
6段階リフレーミングというのがある。



1、ネガティブな感情や行動を見つけ出す。

2、その行動をもたらしている無意識のパートとコミュニケーションをとる

3、そのパートが意図しているプラスの動機を切り離す。
  ネガティブな行動にも何からしら、プラスの動機があるという前提で。

4、そのパートが満足するような解決策を、無意識の別のパートで
  一番クリエイティブなパートに提案してもらう。
  (プラスの動機は維持したままで、解決する方法を見つける)

5、ネガティブな行動をさせているパートに、このアイディアを
  受け入れてもらえるか、確認する。
  ノーなら、別のアイディアをクリエイティブなパートに出してもらう。
  イエスなら、次のステップ。

6、新しい提案に納得しているか、抵抗や違和感を感じないか確認する。


というもので、ネガティブな行動や思考パターンから抜け出したいときに
使うテクニックです。

これにアンカリングの要素を入れてみました。



ネガティブな行動をさせている無意識のパートを左手に感じて

クリエイティブな無意識のパートを右手に感じてもらいます。



こうすることで、無意識という捕らえ所のないものを
顕在化させることができます。

そして、左手に感じている無意識と右手に感じている無意識に
それぞれ問いかけていきます。

それぞれの無意識のパートは手にアンカリングされているので
問いかけをするときも「右手の無意識に聞きます。」
みたいにできちゃいます。



実際にこれをやったときは、最後に

両手を合わせて2つの無意識を1つにしてもらったあとで

両手を胸のところに持ってきて、1つになった無意識を

再びクライアント自身の中に戻してもらいました。



その時のクライアントの感想は

「すごく清々しいです!!」

でした。


この方法はコーチングに有効に働きそうなので
これからも使っていこうと思っています。
posted by Holy at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

そもそも、アンカリングって?

ここまでアンカリングのこと書いてきて

そもそも、アンカリングが何なのか
基本的なことを書き忘れていた気がするので
いまさらだけど、ちゃんとまとめておこうと思う。


Googleで「アンカリング」を検索すると(笑)
はてなダイアリーの記事が出てきて

”NLP用語では、「ある体験に対して、感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させてたやすく引き出せるようにすること」を言う”

と書いてありました。


他には
NLPビジネスコーチングさんのサイトには

”アンカリングとはある特定の体験に対して、五感を利用した感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させてたやすく引き出せるようにすることです。”

と書いてあります。


ようするに「アンカリング」というのは
NLPという分野で使われる言葉だということです。

実はもうひとつ、
船舶を海上や水上で停めるときに錨(いかり)を降ろすことも
アンカリングと言うそうです。

で、「アンカリング」名前の由来は
船舶のアンカリングから来ていると想像できます。



船舶のアンカリングは、海上や水上で停めておいた船が
潮の流れや水の流れで流されたときでも、アンカーを
手繰っていけば、もとの場所に戻れるためのものです。

だから、わたしは

アンカリングは、アンカーをセットした状態(場所)に
すぐに戻れるようにする心理テクニック、と解釈しています。



アンカーとして利用するものとか、応用方法とかは
他の記事に書いていますので、そちらを参考にしてください。
posted by Holy at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

子育てはアンカリングの連続

私には3歳の息子がいるんですけど、

最近は母親のおなかがずいぶん大きくなってきて

赤ちゃんという存在(ライバル)を意識し始めたのか

とってもわがまま&甘えん坊!!



で、ついつい強くしかったり、八つ当たりしてしまったり。


反省するとともに、
このことがどんなアンカリングになって
将来にどうやって影響していくのか考えてしまう。


よく考えたら、アンカーは潰すこともできるし
別のアンカーに変えてしまうこともできるので、
そんなに神経質にならなくてもいいことに気づいた。



親の行動が子供にどんな影響を与えるのか。

どんなに気を使っているようでも、
意図していないところで、アンカリングができてしまっているもの。

だから、問題が出てきたら、そのとき対応しよう。

うん。そうしよう。

posted by Holy at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログのアンカー、mixiのアンカー

まえまえから感じていたけど、


やっぱりそうだよなー。


と思ったこと。

それは、mixiの日記にはコメントしやすいけど、

ブログにはコメント入れにくいということ
(特にmixiからリンクで飛んでくる場合)


これって、なんなんだろ?
単に1クリックがめんどくさいからかな?

ブログの方がオープンなスペースにあるのに閉鎖的な感じがするし
mixiの方がクローズなスペースにあるのに開放的な感じがするからか?


それとも別ウィンドウが開くのがイヤなのかな?
だとすると、それってアンカリングのような気がする。

別ウィンドウが開く = 別サイトへジャンプ = 面倒なサイト

ここで言う、面倒なサイトとは、アダルトサイトだったり、
動画をバンバン使ってて、パソコンの動作が遅くなるサイトです。

ようするに、お気楽なネットサーフィンを邪魔するものですね。


それで、

別ウィンドウ = 面倒!

というアンカリングができてしまっているのかも。


ちょっと強引?(笑)


P.S.
mixi日記を復活させることにしました。
posted by Holy at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。