2008年05月31日

五感をフルに使ってアンカリング

アンカリングの効果を高めるポイントは4つあるんだけど

その中の1つに、

望んでいる状態をリアルにイメージすること

というのがあります。



どれだけ鮮明にリアルに再度体験できるか、ということなんですね。



で、どうやったらリアルに再体験できるかというと

五感をフルに使ってイメージすることです。


視覚、聴覚、体感覚、嗅覚、味覚 ですね。


その時、何を見て、何を聞き、何を感じていたのか。
もし、臭いや味があったのなら、どんな臭いで、どんな味だったのか。

それらを思い出していって、もっとも強く再現(再度体験)できたとき

にアンカリングします。


1回のアンカリングで全ての感覚を
思い出しておしまいにすることもできますが、

より効果を高めたり、アンカリングの精度を高めたいときは

1つの感覚を再現したら1回アンカリング(例:1回目視覚)
別の感覚を再現したら、同じアンカーを使ってアンカリング(例:2回目聴覚)

といった方法で五感1つずつを使って
同じアンカーをセットする方法があります。




次回の記事は、その五感をよりリアルに再現するための
コツを書きたいと思います。
posted by Holy at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

アンカーとして利用するもの

このブログを読んでくださっている方から
お問い合わせをいただいて、気づいたことがありました。


いろんなものがアンカーになるけど
使いやすいアンカーや、状況に合わせたアンカーは
どんなものがあるんだろうか。



新しくアンカーをセットするときに、使いやすいアンカー

1、体のどこかに触れる(押す)

2、音楽(歌)を聞く

3、臭いを嗅ぐ

4、何かを見る


人は五感から刺激を受けるので、その中で順位をつけました。
順位の基準は

 ・特異な刺激になりえるか
 ・いつでもどこでもアンカーを点火できるか

です。


体のどこかを押すのは、道具がいらないので
いつでもどこでもできます。
それに強く押した場合は、普段なかなか感じない
刺激になるので、1位です。

音楽も今では手軽に聞くことができるし
曲が変われば特異な刺激になるので、2位にしました。

見ることは普段から過剰なほど刺激を受けているので
強くて特異な刺激になりにくいと思い、4位です。

味を感じるのは、いつでもどこでもとはいかないので
5位(実質的には使えません)

臭いはアロマとか香水とか、わりと身近な上に
特異な刺激になるので3位にしました。



服装を変えたり、アクセサリーを身につけることで
気持ちが切り替わることがあります。
これは、弱い刺激でも繰り返すことでアンカーが
定着したものなので、
意図的に、早い結果を得るアンカリングには向いていません。

posted by Holy at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

アンカーに使うもの

これは、あるクライアントのセッション中に気づいたことですが。
これまでよく使っていたアンカーは「K」

つまり、体の一部を強く押したり、つまんだりすることだったが
引き起こしたい状態にあわせて「K」以外のアンカーを
使うことが有用であることがわかりました。


例えば
「特定の音楽」
「人物の写真」
「特定の場所」

といった感じ。


今回のクライアントは「特定の音楽が」すでにアンカーに
なっていたので、そのアンカーを利用させてもらいました。


ただし、クライアントが日常的に主に使用しているモード(VAK)と
有効に働くアンカーとは直接には関係ないこともある。
posted by Holy at 18:09| Comment(3) | TrackBack(0) | アンカリングの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。