2008年10月04日

アンカリングでできること つづき

前回は、アンカリングの目的を2つほど書きましたが、
アンカリングで不要なアンカーを消す(潰す)ということもできるんです。


知らない間にできてしまったネガティブな状態になるアンカーを
見つけて、強力にポジティブになれるアンカーと同時に点火する。

すると、不思議なことに、最初のネガティブなアンカーは
どこかに消えてしまうんです。

このとき、脳は混乱しているんですね。
同時に2つのアンカーが点火されたもんだから、
どっちの状態になったら良いか分からなくなって、
変化するのをあきらめるんです。

もし、ポジティブなアンカーがネガティブなアンカーより
強力だったら、ポジティブなアンカーが勝って、
ポジティブな状態に変化します。



最初のネガティブなアンカーが点火しにくいものだったら
別のアンカーに上書きしちゃうこともできるので、
点火しやすいものに上書きしてから、アンカー潰しをやると
いいでしょう。
posted by Holy at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

アンカリングで何ができるの?

アンカリングを使う目的は2つあります。

1つは、状態を固定する
1つは、状態を維持する


ここで言う「状態」というのは、
おもに ”こころの状態” です。


ある状態をアンカーに固定すると、
その状態を呼び出す(アンカーを点火する)こともできるし
二度と点火しないで、封印することもできる。

例えば、
何かのステージに立つ直前に、
最も自信に満ちた状態になりたいときに
あらかじめセットしておいたアンカーを点火すれば、
一瞬にして、自信溢れる状態になれる。

何か嫌な気分になりやすいのであれば、
その状態をアンカリングして、
二度とアンカーを点火しなければ、
嫌な気分になりにくくなる。



そして、アンカリングすると
そのアンカーが点火され続けていれば、
アンカリングされた状態も維持される。

例えば、
自宅の部屋の様子に幸福感をアンカリングすれば、
自宅にいる間はとても幸せを感じられるようになる。



基本的なアンカリングが出来るようになるだけでも
自分の”こころの状態”をある程度コントロールできるようになる。

そして、アンカリングを応用すると、
異性に対する好みも変えられるし
場合によっては、軽いアレルギー症状も回復してしまう。





じつはアンカリングの目的に「アンカーを壊す」というのも
あるんだけど、話がややこしくなるので、それはまた別の機会に。







banner_02.gif
↑クリックしてもらえると嬉しいです。
posted by Holy at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

アンカリングで狙っているもの

アンカリングは色んなことに使えるんです。
今日は、どんな変化を狙っているのかという視点で書いてみます。


NLPにはニューロロジカルレベルという、人間の学習と変化のレベルを
6つの階層に分けて考えるというものがあるそうです。
(あるそうです。というあたりが本人もわかってない証拠(笑))

6、スピリチュアル
5、アイデンティティー
4、信念・価値観
3、能力
2、行動
1、環境


この6つのレベルの上位(数字が大きいもの)の変化は
下位(数字の小さいもの)への影響がおこります。

そして、この6つのレベルに対してアンカリングで変化を
起こすものは、いま理解できている範囲で

行動、能力、信念・価値観、アイデンティティー
スピリチュアルです。


行動(コーチング)
アンカリングによってある感情をコントロールすることで、
行動に変化を起こすことができます。

能力(ティーチング)
内在する能力をアンカリングによって引き出すことができます。
例:エクセレントサークル

信念・価値観(メンタリング)
思い込みや価値観を、新しい信念や価値観に変えられます。
例:パワーボキャブラリー

アイデンティティー(スポンサーシップ)
新しい自己認識を言葉で表現(ネーミング)することで、
言葉がアンカーになって、新しい自己認識を呼び出すことができる。
例:アイデンティティーをつくる

スピリチュアル(アウェイクニング)
アップタイム状態をアンカリングすることで、アウェイクニングを
助けることができます。



アウェイクニング(覚醒)に関しては、まだ十分に理解していません。
これが起こると人生の目的や意義に変化が生じて、アイデンティティー
信念・価値観、行動に大きく影響します。



posted by Holy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

アンカリングの目的

アンカリングは感情とか体の状態を

簡単に変化させる事ができる協力なテクニックですが

その目的は、その人がより良いパフォーマンスを

発揮できるようにする事です。



その目的の中でも、大きく分けて3つの利用法があります。

1、特定の状態を「呼び出す」

2、特定の状態を「維持する」

3、特定の状態を「くくりつける」

アンカリングに関して書かれている関連のサイト多くは
1の「呼び出す」ことに関してしか書かれていませんが

そのことを応用すると「維持する」「くくりつける」ことも可能です。



「呼び出す」は、アンカーを点火(アンカーを作動させること)して
特定の状態を呼び出すことをいいます。



「維持する」は、アンカーの点火を維持することで
特定の状態のままを維持することをいいます。



「くくりつける」は、特定の状態を強くアンカーと結びつけて
アンカーを点火しない限り、特定の状態になることを防ぐことをいいます。



「呼び出す」の例は、体の一部分(肩など)を ポン と触れる。

「維持する」の例は、音楽を流し続ける。

「くくりつける」の例は、普段使わない道具(椅子など)をアンカーにして
その道具を目の届かないところに置く、もしくは処分する。



ただし「くくりつける」は、感情や体の状態を一時的に切り離す行為なので
エコロジーチェックを慎重にやる必要があります。


*エコロジーチェック
その行動をとることで、他の場面で不利益になることがないかチェックすること。

例えば、体重を減らす為に、食事をこれまでの半分の量にしたとしたら
確かに体重は減るかもしれないが、健康を損なう恐れがある。
この場合は、食事の量を減らすべきではないということになる。

posted by Holy at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

アンカリングについてまとめていきます。

ここまで、アンカリングに関する事を

あれこれ書いてきたので

この辺で、少しずつ整理していきます。



このブログを読んでくださった方が、アンカリングを

理解して、使えるようになっていただけるような

内容・構成にしていきます。



posted by Holy at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

そもそも、アンカリングって?

ここまでアンカリングのこと書いてきて

そもそも、アンカリングが何なのか
基本的なことを書き忘れていた気がするので
いまさらだけど、ちゃんとまとめておこうと思う。


Googleで「アンカリング」を検索すると(笑)
はてなダイアリーの記事が出てきて

”NLP用語では、「ある体験に対して、感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させてたやすく引き出せるようにすること」を言う”

と書いてありました。


他には
NLPビジネスコーチングさんのサイトには

”アンカリングとはある特定の体験に対して、五感を利用した感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させてたやすく引き出せるようにすることです。”

と書いてあります。


ようするに「アンカリング」というのは
NLPという分野で使われる言葉だということです。

実はもうひとつ、
船舶を海上や水上で停めるときに錨(いかり)を降ろすことも
アンカリングと言うそうです。

で、「アンカリング」名前の由来は
船舶のアンカリングから来ていると想像できます。



船舶のアンカリングは、海上や水上で停めておいた船が
潮の流れや水の流れで流されたときでも、アンカーを
手繰っていけば、もとの場所に戻れるためのものです。

だから、わたしは

アンカリングは、アンカーをセットした状態(場所)に
すぐに戻れるようにする心理テクニック、と解釈しています。



アンカーとして利用するものとか、応用方法とかは
他の記事に書いていますので、そちらを参考にしてください。
posted by Holy at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

アンカリングの要素とパターン

アンカリングは

「反応どうしをリンクする作業」


ある反応が起きたときに、別の反応が起きるようにリンクさせる作業。



わかりやすい例は「パブロフの犬」

1.肉を見た犬はよだれを流すという反応が起きていた。
(肉というアンカーが、よだれという反応を引き起こした)

2.肉を見せる前にベルを鳴らした。
(ベルというアンカーが、肉という反応を引き起こした。ように思いこませる)

3.ベルが鳴ると、よだれを流すようになる。
(ベルがよだれの引き金になる)



このリンクを強いものにするために重要な4つの要素
 ・強度(引き金から受ける刺激の強さ)
 ・鮮明度(引き起こしたい状態の鮮明さ)
 ・特異性(引き金になるアンカーは特異なものか)
 ・タイミング(セットする状態のピーク、もしくはその直前)



posted by Holy at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。