2008年04月20日

感情を一瞬で変えるアンカリング

一部の人たちにとってはごく当たり前のことを

今更ながら、書いてみようと思います。




みなさん、

自分の理性とか思考はコントロールできるけど

他人とか自分の感情はコンロールできないっていいますよね?




でも、それは ウソ なんです。

(えぇ〜!!)


感情はコントロールできるんですよ。

しかも意外と簡単に。



たとえば、



いま下を向いて、背中を丸めて頭も少し下を向けた状態で

全身の力を抜いて、それから顔の力も抜いて


そして、小声でボソッと


「どうせ自分なんか・・・。」


とため息をついてみてください。

そうするとあなたは、落ち込んだ気分になります。

鬱に近い感じかも知れません・・・。





こんな状態をずっと続けていても仕方ない
(本当に鬱になってしまう)
ので




この沈んだ気分を解消するために

手とか足とか首を動かしてストレッチしましょう!



それでは次に


背筋を伸ばして、胸を張って、顔は少し上を向きます。

それから、顔は笑顔です。そうです、口元は緩んで

中から白い歯が見えています。

こうしたところで、両手を上げて手のひらを天に向けます。

そして、大きな声で


「しあわせ〜」

と言うと、晴れやかで暖かく、満たされた気分になることでしょう。




どうですか。

この短い時間に、鬱と幸せの両方の感情を

感じることができましたよね。

これは、何か特別な出来事があったわけではないですよね。

ただ、体を動かしたり、声を出したりしただけです。



そして、最初は鬱、次は幸せ、と狙った感情を

感じることができました。

つまり、コントロールできました。




ここからが大事!!  ← (前置きが長いよ)


望んだ感情が得られているときに、アンカリングという

テクニックを使えば、次からは


スイッチオン!


で、すぐにその感情の状態になれるようになります。



例えば、

好きな男性に勇気を出して告白したいときに

「勇気ビンビン大好きボタン」

みたいにアンカーをセットしておけば、スイッチオンで

勇気あふれる状態になれます。


または、

大きなプロジェクトを任せてもらいたいと、

自信をもって上司に伝えたいときに

「自信満々何でもやれますボタン」

をセットしておけば、スイッチオンで

根拠はないけど(笑)、自信に満ちた状態になれます。




必要なときに、必要な感情を得られるツール。

それがアンカリングテクニックです。
posted by Holy at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやー、ほんとそうですねっ!
その「ボタン」を作成するっていうのをこの半年くらい特に意識していこうと思っています。

なちゃってアンカリングではなく、
本質的に効果があり結果が出せるアンカリングをしばた先生から勉強させて頂こうと思います^^♪
Posted by アントニー at 2008年04月20日 23:33
アントニーに「先生」なんて言われると

照れちゃいますね。



でも、アンカリングを極めるので

「先生」と呼ばれるのが当たり前になるよ!



もっともっとアンカリングコーチの実績を

たくさん作ったら説得力のある、

わかりやすい形にまとめます。


アンカリングを使うと、笑えるぐらい

簡単に感情が変えられるよ。
Posted by Holy♪かずえ at 2008年04月20日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。