2008年04月15日

アンカリングで一発ギャグ

今日のブログのタイトルを見た人は

???

という感じかもしれませんね。



いわゆる「一発ギャグ」がなんで笑えるのか


をアンカリングから説明しちゃおうと言うことです。



一発ギャグは、始めてそれを見る人が他の人に勧められて
そこだけ見ても、何のことかわからないし、面白くもないことがありますよね。


それはそうなんです。

その一発ギャグ = 笑える

というアンカーができていないからです。



一発ギャグの成立過程をよく観察しているとわかると思います。

売れ始めた芸人さんは、一生懸命ネタを披露して、お客さんの
笑いを引き出して、それが最高潮になったときに、一発ギャグを
やってますよ。

そして、そのギャグが定番のギャグになっている頃には
前フリなしです。
いきなりギャグをだします。
でも、

一発ギャグ = 笑える

というアンカーができているので、条件反射的に笑っちゃうんです。



さらに、売れなくなり始めているにも関わらず、同じギャグを
使い続けていると

一発ギャグ = さむい

というアンカーに書き換えられてしまい、悲惨な末路が待ち受けています。



というわけで、一発ギャグで売れている芸人さんは
最も売れている状態になったら、別の一発ギャグを作り出して
新しいアンカーをセットする必要があります。


往年のギャグを前フリなしでやると、簡単に笑いを誘えるので
ときどきやるのはいいかもしれませんね。

posted by Holy at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。