2008年03月18日

梅干しとレモン

梅干しとかレモンとか、酸っぱいものを見たり、食べることを想像すると

口の中に唾があふれてきますよね?





レモンの形と色を思い出して、そのレモンを輪切りにする。
そして、大きな口を開けて、ガブリッ!!



赤紫色に染まった、しわくちゃな梅干し、
手に取ってみると、漬かっていた汁が滴り落ちました。
少しずつためらいがちに口に運び、ひと噛み。




これで唾が出てこない人はいないだろう。



と思った人。
あなたは、だまされています。



現実には口の中には、レモンも梅干しもありません。
だから、唾が出る必要はないんです。

唾は、レモンや梅干しに含まれる酸を中和したり、
体内の粘膜を酸から守るために、口の中にあふれてきます。

でも、今は口の中にはレモンの梅干しもありませんから、
唾を出す必要がないはずです。



あなたの体は、あなたの脳が出す、ウソの命令に従って、
唾を出してしまったんです!



レモンも梅干しも食べたことがない子供は、興味本位に口に運んでしまい
あまりの酸っぱさに驚きます。
このとき、脳は体を守るために唾を出す反応を示すのです。

この最初の経験がアンカーとなって、レモンや梅干しを想像するだけで
唾が出るようになるのです。


ほかのおいしい食べ物を食べたときでも唾は出ますが、
ほかの食べ物は想像しただけで唾が出るということがありません。

これは、レモンや梅干しの酸っぱさが強烈なため、1回の経験で
アンカーがセットされてしまったのです。

効果的なアンカリングの特徴
・状態が具体的(大量に唾液をあふれさせる)
・刺激が強い(強烈に酸っぱい)
・刺激が特異(酸っぱいものは、初体験)
・タイミング(口に入れるのと、唾を出すのはほぼ同時)

となっていて、アンカリングが成功する条件を全て満たしているのです。


ほかの食べ物では、刺激は強くないし、特異でもありませんので
強いアンカーにはなりにくいのです。


posted by Holy at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89964630

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。