2008年03月15日

アンカリングとトリガー

「アンカリング」という言葉はNLPの用語なんだけど

直訳すると”錨(いかり)をおろす”になるんです。


これは、船をその場所に錨でつなぎ止めておくことを意味していて、

最初にアンカーの使い方を聞いたときには、パブロフの犬のベルのような
ものをイメージしたから、アンカリングという言葉と作用にギャップを感じてた。
シックリ来ない感じ。

パブロフの犬のベルは、トリガー(引き金)として作用しているから
「アンカー」というより「トリガー」と言った方がわかりやすい感じがした。



ところが、いろんなアンカリングのパターンを学んでいくうちに
アンカリングをある状態をつなぎ止めておくことに使ったり、
ある状態をすぐに、簡単に呼び出すために使ったりすることを知って、

「トリガー」ではなくて「アンカー」である理由がわかってきた。


「トリガー」は、その人がすでに備えているもので、「トリガー」に
手を加えることはしない。
「トリガー」はコントロール不可の範囲。

「アンカー」はこれから備えるもので、積極的に活用していく。
「アンカー」はコントロール可の範囲。



積極的に影響していくためには、コントロール可でなくてはならない。
だからこそ「アンカー」という言葉を使っているんだ。


なるほど。


posted by Holy at 01:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。
Posted by サウス at 2008年03月15日 04:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89612140

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。