2008年03月09日

タイムラインセラピーの応用その3

タイムラインセラピーをやるときにより効果を得るための応用方法


1.ネガティブな状態をアンカリングしておいて、アンカーを維持したまま
  ネガティブな状態を作り出す最初の出来事までさかのぼる。

2.一度タイムラインから外れて、過去の出来事をその人にとってよい経験
  となるために必要なリソースを特定してアンカリングする。

3.最初の出来事へ戻って、ネガティブな状態とリソースに満ちた状態の
  アンカーを同時に点火する。
  これによって、ネガティブな状態を破壊することができる。

4.一度、ニュートラルな状態に戻った後で、フューチャーペーシングして確認。



ネガティブな感情や行動などの手放し方のひとつということですね。
ネガティブアンカーに対して逆アンカーをセットして、同時に点火する。
これをタイムラインセラピーのなかでやってしまうというもの。

言葉だけではネガティブな感情や行動を手放せない場合には有効かもしれません。


注意しなければいけないのは、エコロジーチェックをすることと
ネガティブな状態を再体験することをさけた方がいい場合は
この方法を使わないということ。
posted by Holy at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。