2007年09月24日

”きく”の3レベル

普段から自分の話を聞いて欲しいとか、わかって欲しいと思っている人は多いと思います。

しかし、逆に相手の話をちゃんと聞いてあげていますか。
そして、相手のことをわかってあげていますか。



自分のことをわかってもらいたかったら、相手のことを理解すること。

「理解してから、理解される。」

です。そして、自分の話を聞いて欲しければ、まず相手の話を聞くこと。



話を”きく”には3つのレベルがあります。


1つ目は、相手の言葉を聞く。

相手が言った言葉をそのまま受け止めます。

2つ目は、相手の言った意味を聴く。

相手が言っていることの意味を理解しながら、聴きます。

3つ目は、相手の感情のニーズを訊く。

相手が望んでいることが、どんな感情なのかを訊きます。



相手の言葉だけを聞いていては、誤解することが多いです。
それは、同じ言葉でも、自分の使っている意味と相手の使っている意味が違うからです。

そして、相手が望んでいることが何かを注意しながら話ができ、
相手の望んでいることを満たしてあげれば、今度は自分の番です。


相手は自分の気持ちが満足しているので、相手の話を聞く体制が
できるのです。



「理解してから、理解される。」

「話をきいてから、話す。」

です。
posted by Holy at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。