2008年09月29日

アンカリングのアンカーに何を使うか

アンカリングに使うアンカーにはいろいろあるんですが
大きく分けて、5種類です。


・視覚
・聴覚
・体感覚
・嗅覚
・味覚


「視覚」に関係するものは
 絵や写真、映像、人の顔、図形、モノ、など

「聴覚」に関係するものは
 音、音楽、人の声、歌、動物の声、など

「体感覚」に関係するものは
 体のどこかを触れる・押す・握る・つまむ、体の動き、など

「嗅覚」に関係するものは
 香水、アロマ、体臭、動物のにおい、タバコ、など

「味覚」に関係するものは
 食べ物の味、食べ物以外の味(そんなの口に入れるなよ!)


こんな感じでしょうか。

これらは、目的や使う場面によって使い分けるといいです。

「嗅覚」や「味覚」は強力なアンカーになりやすいけど
いつでも、どこでも使えるアンカーではないです。

「体感覚」はいつでも、どこでも使いやすいけど、
人目が気になる場面では、ちょっと・・・

「視覚」「聴覚」は数年前までは、いつでも、どこでも
というわけにいかなかったんですが、最近は携帯電話や
ポータブルプレイヤーで映像や音楽が簡単に再生できるので
アンカーとして使いやすくなっていますね。





banner_02.gif
↑クリックしてもらえると嬉しいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107320802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。