2008年08月25日

北京五輪でのアンカリング

昨日で北京オリンピックが終わりましたね。

と言いつつ、私はほとんどオンタイムで見ていません。
ニュース番組で結果を知っている程度です。


そんなニュース番組の中で、印象的だったものを
ひとつご紹介します。


水泳平泳ぎ男子の北島康介選手が
レース前の準備をしているときに、ストレッチをしてもらいながら
ポータブルプレイヤーを手にして、何かを見ていました。

そこには、北島選手自身が前回の試合で、とても良い結果を出している
映像が映っていたんです。


ニュースでは簡単にイメージトレーニングをしている。
と伝えていましたが、そんな簡単に流していいものじゃありません!


これは アンカリング です!!


スポーツでも営業でもなんでも、
素晴らしい結果を出している人というのは
それに取り掛かる前に自分の状態をベストにするための工夫をしています。
北島選手の場合は、自分の試合映像を見ることで、
短時間で自分の状態をベストな状態にもっていっているということです。


好きな音楽を聴いたり、好きな映像を見たり、好きな動きをしたりします。
スポーツ選手がこれをやっているところが目立ちますが、
営業に携わっている方にもとても使える方法だと思います。

営業するときにベストな状態にすぐになれたら、
素晴らしい成績が継続的に出せるようになると思いませんか?






banner_02.gif
↑クリックしてもらえると嬉しいです。
posted by Holy at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105317354

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。