2008年10月19日

日本人の多くが英語を話せない理由 その2

先日コーチをしている友人から教えてもらったんですね。


日本人の多くが英語を話せない理由のひとつを。


彼はクオーターで、おばあちゃんが日本人だそうなんですが
中学生までは日本に住んでいて、日本語しか話せなかったそうです。

その後、英語をしっかり学んで、カナダに行っていたりしたそうです。
で、いまでは英語が母国語みたいになっているそうです。
(確かご両親のどちらかは、オランダの方だったと・・・)

ともかく、英語のネイティブではない彼が、日本人が英語を
話せない理由を語ってくれたんで、
とても説得力があるなと思ったんですね。


その理由は・・・


日本人の多くは外国人と話そうとするときに緊張する。

つまり、あがってしまうんですね。


そこで

 英語を話す = 緊張

というアンカリングがおきてしまって
英語を避けるようになってしまっているようです。


これはきついですよね。
英語をたくさん勉強すればするほど、【緊張】という
さけたい気持ちに近づいてしまっているんですから。

自然と無意識のうちに、自分で英語を話せないように
してしまっているのもうなずけます。
posted by Holy at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | アンカリングの実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。