2008年05月31日

五感をフルに使ってアンカリング

アンカリングの効果を高めるポイントは4つあるんだけど

その中の1つに、

望んでいる状態をリアルにイメージすること

というのがあります。



どれだけ鮮明にリアルに再度体験できるか、ということなんですね。



で、どうやったらリアルに再体験できるかというと

五感をフルに使ってイメージすることです。


視覚、聴覚、体感覚、嗅覚、味覚 ですね。


その時、何を見て、何を聞き、何を感じていたのか。
もし、臭いや味があったのなら、どんな臭いで、どんな味だったのか。

それらを思い出していって、もっとも強く再現(再度体験)できたとき

にアンカリングします。


1回のアンカリングで全ての感覚を
思い出しておしまいにすることもできますが、

より効果を高めたり、アンカリングの精度を高めたいときは

1つの感覚を再現したら1回アンカリング(例:1回目視覚)
別の感覚を再現したら、同じアンカーを使ってアンカリング(例:2回目聴覚)

といった方法で五感1つずつを使って
同じアンカーをセットする方法があります。




次回の記事は、その五感をよりリアルに再現するための
コツを書きたいと思います。
posted by Holy at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

花粉症をどうにかしたい人!!

前回の記事で、アンカリングで花粉症を治す方法を書きました。


花粉症で困っている人も多いので、花粉症除去セッションを
集中的にやっていこうかと思います。

しかも、【無料】で!!

(限定10名!)



本当に花粉症で困るという人

仕事や日常生活に支障をきたしているので、何とかしたいという人

もう、何でもいいから、あの花粉症を何とかして欲しいという人



このような人は、この記事にコメントしていただくか。

staff@shibatakazue.com

まで、メールを送ってください。

posted by Holy at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

アレルギーを鎮火するアンカリング

私の周りでも花粉症に悩んでいる人が、多いみたいなので

アンカリングを使って、花粉症を鎮火するためのセラピー方法を

書いておきます。


前知識として、
アレルギーは、免疫機能が無害な物質に対して
過剰反応を起こしていることということを
知っておいてください。




1、適切な目標を見つけます。

花粉症の場合、花粉やホコリの多い季節になっても
鼻が通って、目は痒くもなく、潤んだりしない状態。
これは、花粉症が一度でたけど、治ったという人が
いるので、自分も治ると信じているし、そうなることを
望んでいると、確認します。


2、副次的効果をチェックする。

花粉症になることで、得られるメリット
「同情してもらえる」「周りの人と同じになれる」
などの副次的効果を期待していないか、チェックします。


3、アレルギーの反例を見つける。

アレルゲンによく似ているけど、症状を引き起こさない
別の花粉を見つけてください。スギ花粉に対して
同じ針葉植物の松の花粉では症状が出ないとか。

つまり、あなたの体は松の花粉には正しく反応する
方法を知っているわけですよ。


4、アンカリング

あなたの目の前に分厚い丈夫なガラスの壁が
あるということを想像してください。
この丈夫なガラスの壁が、向こう側で
何が起きても、あなたを守ってくれます。

そして、ガラスの向こう側にあなた自身が
立っている場面を想像してください。

ガラスの向こうのあなたは、松の木に囲まれています。
そこは松の花粉がたくさん飛んでいるけど
あなたの免疫システムは正しく機能しています。

鼻が通っていて、目も澄んでいます。
気分はどうですか?

この状態をアンカリングする為に、ひじをつかみます。

(ひじをつかんだまま)
それでは、ガラスの向こうのあなたが
スギの木に囲まれつつ、今と同じように
花粉に対応している場面を想像してください。

さて、そこにいるあなたはあなた自身の
助けになってくれます。
ガラスの向こうのあなたの免疫システムは
スギ花粉にうまく対抗する方法を知っているわけだから。


5、エコロジーチェック

あなたの中で、そうなりたくないという
気持ちはありますか?



それでは、ガラスの壁を引き上げて
向こうのあなたがこちらに歩いてくる
場面を想像してください。
向こうのあなたは、あなた自身に
スギ花粉にアレルギーを起こさない
免疫システムをプレゼントしてくれます。
向こうのあなたが、あなた自身の心臓の
中に入ってくるところを想像してください。
(時間がかかっても構いません。)



6、フューチャーペーシング

ひじを話して、ガラスも取り去ります。
スギ花粉に囲まれている場面を
想像してみてください。



平気そうなら、これでおしまいです。
おつかれさまでした。


注:自分一人でやるのは難しいと思います。
  慣れている人に頼んでやってもらいましょう!!
ラベル:花粉症
posted by Holy at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

定時が近くなると、やる気が・・・

いや〜

サラリーマンのみなさんにとって「定時」と言うのが
どういう意味をもつのか、考えると面白いですねえ。


定時が近くなると、ソワソワしてきたりしませんか?


ぐっとやる気がなくなって、

ビールを飲みにいきたくなる
うまいものを食べに行きたくなる
デートしたくなる

とにかく仕事以外のことを考えるようになったりしますよね。



なんとなく始まる、気持ちの変化。
これも立派なアンカリングなんです。

定時という時間にアンカリングされているんです。

例えば、5時が近づくとソワソワする人がいるかと思うと
7時が近づくとソワソワする人がいます。

つまり、5時という時刻には本来何の意味もないし、
7時という時刻には本来意味はないです。

でも、

5時 → 定時 → 仕事から解放される → ソワソワ

というアンカリングが成立すると、
5時が近づくとソワソワしちゃうんですねぇ。

本人は意図的にそうしているわけじゃないと思いますよ。

posted by Holy at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

上と下、ってどんなイメージ?

「上」と「下」


もともとは、単純に物理的な位置を示していただけ
なんだろうと思う。

だから、「上」が良いとか「下」が悪いとかの優劣はない。


はず。




でも、実際には「上」が良くて、「下」が悪い、っていうイメージだよね。


これって、いつからこのイメージを持つようになるんだろう?

親とか周りの人間が、「上が良くて、下が悪い」と言って
刷り込んでいるんじゃないかな。


刷り込みもアンカリングの一種だから。


posted by Holy at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

リアルに感じ取る為に

アンカリングしたい状態や感情を
どれだけリアルに感じ取れるか、再現できるかが、

アンカリングを成功するための第1歩です。



そのためには、どんなことに気をつけたら良いか。


それは、五感をそれぞれ意識していくことです。


その中でも特に、視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、体感覚(Kinesthetic)を
強く意識すると良いです。


多くの人の場合は、体感覚(K)を意識して、体の使い方・姿勢や顔の表情を
アンカリングしたい状態に合わせると、その状態を再現しやすいです。


視覚(V)は、その時まわりに何が見えるのか、誰がいるのか、とかをイメージして

聴覚(A)は、その時きこえている音や声、話している内容を思い返します。



そして、VAKそれぞれが最大限に感じ取れた瞬間にアンカーをセットします。

もちろん、一度にVAK全てを思い出して感じ取っても構いません。

2008年05月15日

感情を色で表すと?

前回の記事の反対で、


感情を色で表してみると、何色だろうか?


というものがある。
これがまた、人によって様々なので面白い。




「怒り」

を表す色は何色ですか?






赤、灰色、黒、紫、紺、青、水色、黄色、橙

いろんな色が出てきて、それぞれ感じ方が違うというのがわかる。

赤 は、爆発する感じ
黒 は、ネガティブなエネルギーで多いかぶさる感じ
水色、青 は、一歩引いている感じ

など。


「怒り」

という感情を表す言葉(アンカー)から引き起こされる状態が
それぞれ違うということの現れだと思う。

また、そこから自分のことを少し知る結果になったりしてね。
posted by Holy at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

色って不思議 その1

この半年ぐらいは、ロゴデザイン、名刺デザイン、似顔絵とか

絵を描いてきて「色」って面白いなぁと、改めて思った。




この色を見て何を連想するか、何を感じるか。
それが、人によって違う。


例えば

誠実、信頼      といったことを連想したり、感じる人もいれば
冷たい、近寄りがたい といったことを連想したり、感じる人もいる。


このことも過去の経験がアンカリングされた結果だと思うんですよね。

もちろん、その時のその人の状態によって感じ方が違うこともあるとは思いますが。




誰がどんな状況でどんな色を見たら、何を感じるか。


を想定しながらデザインするのがとても大切なので
こんなことを書いてみました。


デザインを依頼する人は、自分の思い入れで色を決めるよりも
それを見た人が何を感じてほしいのか、で色を決めたほうがいいでしょうね。

posted by Holy at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

アンカリングで狙っているもの

アンカリングは色んなことに使えるんです。
今日は、どんな変化を狙っているのかという視点で書いてみます。


NLPにはニューロロジカルレベルという、人間の学習と変化のレベルを
6つの階層に分けて考えるというものがあるそうです。
(あるそうです。というあたりが本人もわかってない証拠(笑))

6、スピリチュアル
5、アイデンティティー
4、信念・価値観
3、能力
2、行動
1、環境


この6つのレベルの上位(数字が大きいもの)の変化は
下位(数字の小さいもの)への影響がおこります。

そして、この6つのレベルに対してアンカリングで変化を
起こすものは、いま理解できている範囲で

行動、能力、信念・価値観、アイデンティティー
スピリチュアルです。


行動(コーチング)
アンカリングによってある感情をコントロールすることで、
行動に変化を起こすことができます。

能力(ティーチング)
内在する能力をアンカリングによって引き出すことができます。
例:エクセレントサークル

信念・価値観(メンタリング)
思い込みや価値観を、新しい信念や価値観に変えられます。
例:パワーボキャブラリー

アイデンティティー(スポンサーシップ)
新しい自己認識を言葉で表現(ネーミング)することで、
言葉がアンカーになって、新しい自己認識を呼び出すことができる。
例:アイデンティティーをつくる

スピリチュアル(アウェイクニング)
アップタイム状態をアンカリングすることで、アウェイクニングを
助けることができます。



アウェイクニング(覚醒)に関しては、まだ十分に理解していません。
これが起こると人生の目的や意義に変化が生じて、アイデンティティー
信念・価値観、行動に大きく影響します。



posted by Holy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

アンカーとして利用するもの

このブログを読んでくださっている方から
お問い合わせをいただいて、気づいたことがありました。


いろんなものがアンカーになるけど
使いやすいアンカーや、状況に合わせたアンカーは
どんなものがあるんだろうか。



新しくアンカーをセットするときに、使いやすいアンカー

1、体のどこかに触れる(押す)

2、音楽(歌)を聞く

3、臭いを嗅ぐ

4、何かを見る


人は五感から刺激を受けるので、その中で順位をつけました。
順位の基準は

 ・特異な刺激になりえるか
 ・いつでもどこでもアンカーを点火できるか

です。


体のどこかを押すのは、道具がいらないので
いつでもどこでもできます。
それに強く押した場合は、普段なかなか感じない
刺激になるので、1位です。

音楽も今では手軽に聞くことができるし
曲が変われば特異な刺激になるので、2位にしました。

見ることは普段から過剰なほど刺激を受けているので
強くて特異な刺激になりにくいと思い、4位です。

味を感じるのは、いつでもどこでもとはいかないので
5位(実質的には使えません)

臭いはアロマとか香水とか、わりと身近な上に
特異な刺激になるので3位にしました。



服装を変えたり、アクセサリーを身につけることで
気持ちが切り替わることがあります。
これは、弱い刺激でも繰り返すことでアンカーが
定着したものなので、
意図的に、早い結果を得るアンカリングには向いていません。

posted by Holy at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

アンカリングセミナー

そろそろ、アンカリングのセミナーを開こうと思います。

(ようやくか、と思っていただけていることを期待して)




内容は

・簡単にやれるアンカリング
・好ましくない習慣を、プラスの行動へ変えるアンカリング
・新しい習慣を作り出すアンカリング
・いつでも最高の自分になれるアンカリング

こんな感じでやろうと思います。

あとは、参加者のリクエストに応じて
アンカリングを実演したいと思います。



【アンカリングでいつでもお祭り気分】

開催日時: 2008年7月21日(祝)
      13:30〜(13:00受付開始)
        16:30

開催場所: アートフォーラムあざみ野 会議室1

      横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
      横浜市市営地下鉄・東急田園都市線「あざみ野」駅徒歩5分
      地図はこちら

参加費用: 3,000円(事前振込み)

お申し込み:こちらから

posted by Holy at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

アンカリングの目的

アンカリングは感情とか体の状態を

簡単に変化させる事ができる協力なテクニックですが

その目的は、その人がより良いパフォーマンスを

発揮できるようにする事です。



その目的の中でも、大きく分けて3つの利用法があります。

1、特定の状態を「呼び出す」

2、特定の状態を「維持する」

3、特定の状態を「くくりつける」

アンカリングに関して書かれている関連のサイト多くは
1の「呼び出す」ことに関してしか書かれていませんが

そのことを応用すると「維持する」「くくりつける」ことも可能です。



「呼び出す」は、アンカーを点火(アンカーを作動させること)して
特定の状態を呼び出すことをいいます。



「維持する」は、アンカーの点火を維持することで
特定の状態のままを維持することをいいます。



「くくりつける」は、特定の状態を強くアンカーと結びつけて
アンカーを点火しない限り、特定の状態になることを防ぐことをいいます。



「呼び出す」の例は、体の一部分(肩など)を ポン と触れる。

「維持する」の例は、音楽を流し続ける。

「くくりつける」の例は、普段使わない道具(椅子など)をアンカーにして
その道具を目の届かないところに置く、もしくは処分する。



ただし「くくりつける」は、感情や体の状態を一時的に切り離す行為なので
エコロジーチェックを慎重にやる必要があります。


*エコロジーチェック
その行動をとることで、他の場面で不利益になることがないかチェックすること。

例えば、体重を減らす為に、食事をこれまでの半分の量にしたとしたら
確かに体重は減るかもしれないが、健康を損なう恐れがある。
この場合は、食事の量を減らすべきではないということになる。

posted by Holy at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

アンカリングについてまとめていきます。

ここまで、アンカリングに関する事を

あれこれ書いてきたので

この辺で、少しずつ整理していきます。



このブログを読んでくださった方が、アンカリングを

理解して、使えるようになっていただけるような

内容・構成にしていきます。



posted by Holy at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

6段階リフレーミングへアンカリングを応用

NLPの大切なテクニックのひとつに
6段階リフレーミングというのがある。



1、ネガティブな感情や行動を見つけ出す。

2、その行動をもたらしている無意識のパートとコミュニケーションをとる

3、そのパートが意図しているプラスの動機を切り離す。
  ネガティブな行動にも何からしら、プラスの動機があるという前提で。

4、そのパートが満足するような解決策を、無意識の別のパートで
  一番クリエイティブなパートに提案してもらう。
  (プラスの動機は維持したままで、解決する方法を見つける)

5、ネガティブな行動をさせているパートに、このアイディアを
  受け入れてもらえるか、確認する。
  ノーなら、別のアイディアをクリエイティブなパートに出してもらう。
  イエスなら、次のステップ。

6、新しい提案に納得しているか、抵抗や違和感を感じないか確認する。


というもので、ネガティブな行動や思考パターンから抜け出したいときに
使うテクニックです。

これにアンカリングの要素を入れてみました。



ネガティブな行動をさせている無意識のパートを左手に感じて

クリエイティブな無意識のパートを右手に感じてもらいます。



こうすることで、無意識という捕らえ所のないものを
顕在化させることができます。

そして、左手に感じている無意識と右手に感じている無意識に
それぞれ問いかけていきます。

それぞれの無意識のパートは手にアンカリングされているので
問いかけをするときも「右手の無意識に聞きます。」
みたいにできちゃいます。



実際にこれをやったときは、最後に

両手を合わせて2つの無意識を1つにしてもらったあとで

両手を胸のところに持ってきて、1つになった無意識を

再びクライアント自身の中に戻してもらいました。



その時のクライアントの感想は

「すごく清々しいです!!」

でした。


この方法はコーチングに有効に働きそうなので
これからも使っていこうと思っています。
posted by Holy at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。