2008年04月21日

寝るにもアンカリングが使える

先日、ある場所で

「飛行機の座席に着いたら出発前に眠ってしまって
 目が覚めるのは着陸時の衝撃なんですよ〜。ははは。」

みたいな話をしたら、

「それは早すぎだろ!」

と、ツッコミいれられました。



で、



ふと気づきました。


”自分が眠ってしまうときは、だいたい同じパターンだ!”と。


つまりアンカリングです。

眠りに落ちるときのパターンは

 ・肩や首の力が抜けている
 ・体が5分ぐらいは動いていない(固定されている)
 ・目は閉じている
 ・寝ること以外のことを考えている


こんな感じですね〜。


もちろん例外もあります。


目を開けていたはずなのに、いつの間にか・・・。


とか、


ご飯を山盛り食べた後は、うっとりと・・・。


とか、


10時間ぐらいガッツリ寝た翌日の午前中は、おめめパッチリ。


とか。



「眠る」

というのも、ある状態の1つなので、
その状態を呼び出すのは、アンカリングでできるんですね。



でも、これが何の役に立つんだ、と。
自分にツッコミ入れてみたり(苦笑)


それで、思いついたのは


・なかなか寝付けない人に
・なかなか朝起きられない人に



起きられない人のほうが多そうだね。


目覚まし時計が鳴ったら

1、目を開ける努力をする(笑) ← これができりゃ、起きれるか
2、何でもいいから声を出してみる
3、とにかく体を動かしてみる
4、大好きなことを考える

こんな感じでしょうか。



なかなか朝起きられない人、お試しあれ。
posted by Holy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。