2008年04月17日

ブログに期待するもの

これまで何とか?ブログをつづけてきているけど

どうもアクセス数が増えてないというか、

コメントの数が寂しい感じ。


「なんでだろ〜?」


と思っていたところで、他の人のブログを見た。


アクセスランキング1位になっている人と、
最近始めたばかりの人と。


ランキング1位の人は、中身はあんまりないけど楽しい。
気楽に読めた。

最近始めたばかりの人は、すごくためになることが書いてある
でも、つまんない。というか難しい。
真剣に読まないと理解できない。


で、気づいたよ。

自分のブログは、つまんないと。


あちゃー。やっちまったよ。
他人の振り見て、我が振りなおせ、とはよく言ったものだ。


書き方変えよ。



そして、も1個思った。



「ブログ」という言葉で勝手に期待していたことがある。

本屋さんで喩えると

普通のサイトは、書棚にちゃんと並んでいる本で
ブログサイトは、雑誌コーナーの本だ。


ブログサイトは、お茶でも飲みながら
気楽に読めるようになっていてほしい。


なんで、そんな期待してたんだろ。
これもどっかで

「ブログ」 = 気楽な読み物

というアンカリングがおきていたんだろうか。
posted by Holy at 12:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給料日にアンカリングされる?

もともと会社に入った動機からして

給料をもらいたくて入ったわけではないので

給料日にはあんまり関心がないのだけど

多くの人は給料日に特別な意味を持たせているような気がする。



むしろ実際の給料日という日にちよりも

「給料日前」「給料日」

といった、言葉というデジタル情報にアンカリングされているような気も。


「給料日前」:うわ〜、きついな〜、節約しなきゃ、どうしよ、などなど
       肩身の狭いような、惨めな気持ちになる人が多い。

「給料日」:何しよ、どこ行こ、何買お、わくわく、などなど
      浮き足立っているような、陽気な気持ちになる人が多い。


と、思われる。

「給料日前」や「給料日」に何にもアンカリングされていない私は
この言葉を聞いても特に感情の変化は感じない。


アンカリングされていることが良いこととか、悪いことだとか
言うつもりはないです。


ただ、
もし仮にそのアンカーが破壊的な結果をもたらす引き金になっているなら
(たとえば、誰かとケンカするとか、無駄遣いをしてしまうとか)

そのアンカーはとってしまった方がいいでしょうね。


なぜなら、収入が変わっていないのなら

「給料日前」でも「給料日後」でも

現金がたくさん手元にあるというだけで、

実際の財政状態は変わっていないのだから。
posted by Holy at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。