2008年04月30日

そもそも、アンカリングって?

ここまでアンカリングのこと書いてきて

そもそも、アンカリングが何なのか
基本的なことを書き忘れていた気がするので
いまさらだけど、ちゃんとまとめておこうと思う。


Googleで「アンカリング」を検索すると(笑)
はてなダイアリーの記事が出てきて

”NLP用語では、「ある体験に対して、感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させてたやすく引き出せるようにすること」を言う”

と書いてありました。


他には
NLPビジネスコーチングさんのサイトには

”アンカリングとはある特定の体験に対して、五感を利用した感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させてたやすく引き出せるようにすることです。”

と書いてあります。


ようするに「アンカリング」というのは
NLPという分野で使われる言葉だということです。

実はもうひとつ、
船舶を海上や水上で停めるときに錨(いかり)を降ろすことも
アンカリングと言うそうです。

で、「アンカリング」名前の由来は
船舶のアンカリングから来ていると想像できます。



船舶のアンカリングは、海上や水上で停めておいた船が
潮の流れや水の流れで流されたときでも、アンカーを
手繰っていけば、もとの場所に戻れるためのものです。

だから、わたしは

アンカリングは、アンカーをセットした状態(場所)に
すぐに戻れるようにする心理テクニック、と解釈しています。



アンカーとして利用するものとか、応用方法とかは
他の記事に書いていますので、そちらを参考にしてください。
posted by Holy at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

子育てはアンカリングの連続

私には3歳の息子がいるんですけど、

最近は母親のおなかがずいぶん大きくなってきて

赤ちゃんという存在(ライバル)を意識し始めたのか

とってもわがまま&甘えん坊!!



で、ついつい強くしかったり、八つ当たりしてしまったり。


反省するとともに、
このことがどんなアンカリングになって
将来にどうやって影響していくのか考えてしまう。


よく考えたら、アンカーは潰すこともできるし
別のアンカーに変えてしまうこともできるので、
そんなに神経質にならなくてもいいことに気づいた。



親の行動が子供にどんな影響を与えるのか。

どんなに気を使っているようでも、
意図していないところで、アンカリングができてしまっているもの。

だから、問題が出てきたら、そのとき対応しよう。

うん。そうしよう。

posted by Holy at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログのアンカー、mixiのアンカー

まえまえから感じていたけど、


やっぱりそうだよなー。


と思ったこと。

それは、mixiの日記にはコメントしやすいけど、

ブログにはコメント入れにくいということ
(特にmixiからリンクで飛んでくる場合)


これって、なんなんだろ?
単に1クリックがめんどくさいからかな?

ブログの方がオープンなスペースにあるのに閉鎖的な感じがするし
mixiの方がクローズなスペースにあるのに開放的な感じがするからか?


それとも別ウィンドウが開くのがイヤなのかな?
だとすると、それってアンカリングのような気がする。

別ウィンドウが開く = 別サイトへジャンプ = 面倒なサイト

ここで言う、面倒なサイトとは、アダルトサイトだったり、
動画をバンバン使ってて、パソコンの動作が遅くなるサイトです。

ようするに、お気楽なネットサーフィンを邪魔するものですね。


それで、

別ウィンドウ = 面倒!

というアンカリングができてしまっているのかも。


ちょっと強引?(笑)


P.S.
mixi日記を復活させることにしました。
posted by Holy at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

音楽は強力なアンカーになりやすい!

今日テレビをつけたら、偶然に
実写版「映画 タッチ」がやっていた。


実写版映画は見たことがなかったので
特になにも感じなかったのですが、

あの曲が流れたとたん、一気に思い出しました。
溢れるように。


アニメ「タッチ」は夏休みに朝10時から
再放送されていました。

愛知の暑い夏、汗ばむ肌、蝉の声、強い太陽の日差し
部屋の風景、そのとき自分が考えていたこと、・・・。


20年ぐらい前の出来事のはずなのに、
妙にリアリティーがあったな〜。



こんな風に、音楽でいろんなことを思い出す人
多いんじゃないかな?

特に最近は普段から音楽聞く人が多いから。
音楽がアンカーになっていること多そうです。
posted by Holy at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

父の帰宅は、どんなアンカー?

ちょっと前まで、帰宅すると息子が


「お父さん、おかえり〜。ドーナツ買ってきた?」


と、言いながら玄関までかけてきていた。
(手ぶらで帰宅していても。)

実は、これはあるアンカリングが作用しているのだ。



しかし、

  父親の帰宅  =  ドーナツ

というのはいかがなものか。
(トホホ)




仕事が忙しくて、帰宅する時間が
子供の寝た後になることが多かった時期

たまに、早く帰れるときにはドーナツを
お土産に買って帰ったことが何度かあった。

甘い菓子パンとかドーナツが大好きな息子は
それがかなり嬉しかったらしく、

早めに帰れる日が続いていても


「お父さん、おかえり〜。ドーナツ買ってきた?」

だ。

お父さんには、ドーナツを買ってくることしか
期待していないのかよ。

お父さんは寂しいぞ(涙)



で、最近は


「お父さん、おかえり〜。*****?」


と、ドーナツ以外の質問をしてくる。


が、しかし
どうも、何か良いことがあるのを期待しているようだ。
単純に、父の帰宅を喜んでいる様子ではない。

でも、まぁ、良しとしよう!


 父の帰宅 = 嬉しい


というアンカーが成立しているようなので
別のアンカーでアンカリングされない限り
慕ってくれることだろう。

posted by Holy at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

寝るにもアンカリングが使える

先日、ある場所で

「飛行機の座席に着いたら出発前に眠ってしまって
 目が覚めるのは着陸時の衝撃なんですよ〜。ははは。」

みたいな話をしたら、

「それは早すぎだろ!」

と、ツッコミいれられました。



で、



ふと気づきました。


”自分が眠ってしまうときは、だいたい同じパターンだ!”と。


つまりアンカリングです。

眠りに落ちるときのパターンは

 ・肩や首の力が抜けている
 ・体が5分ぐらいは動いていない(固定されている)
 ・目は閉じている
 ・寝ること以外のことを考えている


こんな感じですね〜。


もちろん例外もあります。


目を開けていたはずなのに、いつの間にか・・・。


とか、


ご飯を山盛り食べた後は、うっとりと・・・。


とか、


10時間ぐらいガッツリ寝た翌日の午前中は、おめめパッチリ。


とか。



「眠る」

というのも、ある状態の1つなので、
その状態を呼び出すのは、アンカリングでできるんですね。



でも、これが何の役に立つんだ、と。
自分にツッコミ入れてみたり(苦笑)


それで、思いついたのは


・なかなか寝付けない人に
・なかなか朝起きられない人に



起きられない人のほうが多そうだね。


目覚まし時計が鳴ったら

1、目を開ける努力をする(笑) ← これができりゃ、起きれるか
2、何でもいいから声を出してみる
3、とにかく体を動かしてみる
4、大好きなことを考える

こんな感じでしょうか。



なかなか朝起きられない人、お試しあれ。
posted by Holy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

感情を一瞬で変えるアンカリング

一部の人たちにとってはごく当たり前のことを

今更ながら、書いてみようと思います。




みなさん、

自分の理性とか思考はコントロールできるけど

他人とか自分の感情はコンロールできないっていいますよね?




でも、それは ウソ なんです。

(えぇ〜!!)


感情はコントロールできるんですよ。

しかも意外と簡単に。



たとえば、



いま下を向いて、背中を丸めて頭も少し下を向けた状態で

全身の力を抜いて、それから顔の力も抜いて


そして、小声でボソッと


「どうせ自分なんか・・・。」


とため息をついてみてください。

そうするとあなたは、落ち込んだ気分になります。

鬱に近い感じかも知れません・・・。





こんな状態をずっと続けていても仕方ない
(本当に鬱になってしまう)
ので




この沈んだ気分を解消するために

手とか足とか首を動かしてストレッチしましょう!



それでは次に


背筋を伸ばして、胸を張って、顔は少し上を向きます。

それから、顔は笑顔です。そうです、口元は緩んで

中から白い歯が見えています。

こうしたところで、両手を上げて手のひらを天に向けます。

そして、大きな声で


「しあわせ〜」

と言うと、晴れやかで暖かく、満たされた気分になることでしょう。




どうですか。

この短い時間に、鬱と幸せの両方の感情を

感じることができましたよね。

これは、何か特別な出来事があったわけではないですよね。

ただ、体を動かしたり、声を出したりしただけです。



そして、最初は鬱、次は幸せ、と狙った感情を

感じることができました。

つまり、コントロールできました。




ここからが大事!!  ← (前置きが長いよ)


望んだ感情が得られているときに、アンカリングという

テクニックを使えば、次からは


スイッチオン!


で、すぐにその感情の状態になれるようになります。



例えば、

好きな男性に勇気を出して告白したいときに

「勇気ビンビン大好きボタン」

みたいにアンカーをセットしておけば、スイッチオンで

勇気あふれる状態になれます。


または、

大きなプロジェクトを任せてもらいたいと、

自信をもって上司に伝えたいときに

「自信満々何でもやれますボタン」

をセットしておけば、スイッチオンで

根拠はないけど(笑)、自信に満ちた状態になれます。




必要なときに、必要な感情を得られるツール。

それがアンカリングテクニックです。
posted by Holy at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派手な服が着れないのもアンカリング?

自分を


ビジュアルタイプ

オーディオタイプ

キネステティックタイプ


のどれかと言ったら、Vです。



道順を口で説明してもらってもチンプンカンプンです。

通りの名前と交差点の名前で説明してもらっても、

覚えられません。

それよりも、○○がある交差点を右に曲がって
次に△△がある交差点を左。

と言ってもらった方が、すぐにわかる。


それぐらいV(ビジュアル)タイプ。


なのに・・・、なのにだ。



なぜか服の好みは地味目と言うか、明るい色、派手な感じは嫌い
なんだよ。


♪なんでだろう〜?なんでだろう〜?(古っ!)

と考えてみたさ。


それで、何となく思いついたのが、


  派手な服 = 押しの強い人


という連想、かつアンカリング。


押しの強い人って、苦手なんだよね〜。



というわけで

  派手な服 = 苦手

になっていたんだろうなと。

気持ちのどこかには色合いの鮮やかなものが好きで、
そういう服を着たいと思う部分もあるけど
なぜか、そういう服を選んでなかった。


それがアンカリングの結果だとすると納得できる。



小さい子供の頃に

押しの強い人がいて、その人に嫌な思いをさせられた。

そのとき、その人が着ていた服がたまたま派手な感じだった。

そして、Vタイプなわたしは

  派手な服 = 押しの強い人 = イヤ

というアンカリングをやった。

その結果、

  派手な服 = 苦手

という感情が呼び起こされている。




最近では少しずつ派手目の服も着れるようになったけど

本格的に変化を起こすためには、過去の出来事の意味付けを

変えるワークをやったほうがいいんだろな。


というわけで、地味な服を好むVタイプ人間のお話でした。
posted by Holy at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

ブログに期待するもの

これまで何とか?ブログをつづけてきているけど

どうもアクセス数が増えてないというか、

コメントの数が寂しい感じ。


「なんでだろ〜?」


と思っていたところで、他の人のブログを見た。


アクセスランキング1位になっている人と、
最近始めたばかりの人と。


ランキング1位の人は、中身はあんまりないけど楽しい。
気楽に読めた。

最近始めたばかりの人は、すごくためになることが書いてある
でも、つまんない。というか難しい。
真剣に読まないと理解できない。


で、気づいたよ。

自分のブログは、つまんないと。


あちゃー。やっちまったよ。
他人の振り見て、我が振りなおせ、とはよく言ったものだ。


書き方変えよ。



そして、も1個思った。



「ブログ」という言葉で勝手に期待していたことがある。

本屋さんで喩えると

普通のサイトは、書棚にちゃんと並んでいる本で
ブログサイトは、雑誌コーナーの本だ。


ブログサイトは、お茶でも飲みながら
気楽に読めるようになっていてほしい。


なんで、そんな期待してたんだろ。
これもどっかで

「ブログ」 = 気楽な読み物

というアンカリングがおきていたんだろうか。
posted by Holy at 12:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給料日にアンカリングされる?

もともと会社に入った動機からして

給料をもらいたくて入ったわけではないので

給料日にはあんまり関心がないのだけど

多くの人は給料日に特別な意味を持たせているような気がする。



むしろ実際の給料日という日にちよりも

「給料日前」「給料日」

といった、言葉というデジタル情報にアンカリングされているような気も。


「給料日前」:うわ〜、きついな〜、節約しなきゃ、どうしよ、などなど
       肩身の狭いような、惨めな気持ちになる人が多い。

「給料日」:何しよ、どこ行こ、何買お、わくわく、などなど
      浮き足立っているような、陽気な気持ちになる人が多い。


と、思われる。

「給料日前」や「給料日」に何にもアンカリングされていない私は
この言葉を聞いても特に感情の変化は感じない。


アンカリングされていることが良いこととか、悪いことだとか
言うつもりはないです。


ただ、
もし仮にそのアンカーが破壊的な結果をもたらす引き金になっているなら
(たとえば、誰かとケンカするとか、無駄遣いをしてしまうとか)

そのアンカーはとってしまった方がいいでしょうね。


なぜなら、収入が変わっていないのなら

「給料日前」でも「給料日後」でも

現金がたくさん手元にあるというだけで、

実際の財政状態は変わっていないのだから。
posted by Holy at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

アンカリングで一発ギャグ

今日のブログのタイトルを見た人は

???

という感じかもしれませんね。



いわゆる「一発ギャグ」がなんで笑えるのか


をアンカリングから説明しちゃおうと言うことです。



一発ギャグは、始めてそれを見る人が他の人に勧められて
そこだけ見ても、何のことかわからないし、面白くもないことがありますよね。


それはそうなんです。

その一発ギャグ = 笑える

というアンカーができていないからです。



一発ギャグの成立過程をよく観察しているとわかると思います。

売れ始めた芸人さんは、一生懸命ネタを披露して、お客さんの
笑いを引き出して、それが最高潮になったときに、一発ギャグを
やってますよ。

そして、そのギャグが定番のギャグになっている頃には
前フリなしです。
いきなりギャグをだします。
でも、

一発ギャグ = 笑える

というアンカーができているので、条件反射的に笑っちゃうんです。



さらに、売れなくなり始めているにも関わらず、同じギャグを
使い続けていると

一発ギャグ = さむい

というアンカーに書き換えられてしまい、悲惨な末路が待ち受けています。



というわけで、一発ギャグで売れている芸人さんは
最も売れている状態になったら、別の一発ギャグを作り出して
新しいアンカーをセットする必要があります。


往年のギャグを前フリなしでやると、簡単に笑いを誘えるので
ときどきやるのはいいかもしれませんね。

posted by Holy at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

恋心もアンカリングからはじまる

家に帰る電車に乗ったら、目の前にある女性が立っていました。

正直に書いてしまうと、結構好みのタイプだったんですね。



で、ふと思ったのが

「なんで、この人に惹かれたんだろう?」

です。



そして、しばらくその女性の後ろ姿をぼーっと眺めていたら、

気がついたことがありました。

その電車の女性の髪型に見覚えがあったんです。黒髪でしたし。



電車の女性と同じ髪型をしていた女の子と前につきあっていたんです。

つまり、髪型がアンカーになって私の恋心を呼び出した、というわけ。


このことで、

恋心も心の状態なので、アンカーによって引き起こされることがある。

ということを実感しました。



そうすると、外見の好みは何となくわかるし、内面の好みもわかってくる。

いま決まった相手がいない人ならば、自分の好みのタイプをよく知っておく
ことがとても有益なことだと思う。
posted by Holy at 00:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

お天気は気分に影響する?

関東ではここ数日雨が続いていて、晴れ間が見えたと
思ったらまた雨ですね。

こんなに雨がつづくとイヤになっちゃいますね。




「雨がつづくとイヤ」

朝起きて、雨が降っているとイヤな気分になる。
こういう方が多いんじゃないかと思います。

そんなの当たり前じゃん!!


と思ったら、それは間違いです。

雨がしばらく降っていないで、川の水量が減ったり
ダムの貯水量が減ると、水不足になります。
このような時は、雨がしとしとと降り続いてほしいはず。
つまり、雨を望んでいるんですね。

雨が降るとイヤな気分になるというのとは反対の反応ですよね。


状況によって雨に対する反応が違うんですね。



それでは、なぜ雨が降るとイヤな気分になってしまうのかというと

「アンカリング」

です。


過去に雨が降っているときに何かイヤな気分になる出来事が
起こって、イヤな気分と雨を無意識に結びつけてしまったんです。


例えば
まだ傘をさすことができない、小さな子供がレインコートを着て

雨の中歩いて出かけているときに、雨粒が目に入って痛くて、

イヤな気分になったとしたら、雨と目の痛み(イヤな気分)を

結びつけて

「あめキライ」

と言ったりしてしまうわけです。

(これは実話です。息子は同様に雪もキライです。笑)
posted by Holy at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

曜日によって気分がちがう!?

サラリーマンをやっている方の中には、

こんな人がいたり、こんな人を知っている人がいるんじゃないでしょうか。



金曜日になると、そわそわして仕事に集中できない。
日曜日の夜になると、ブルーな気分になる。



「そんなの当たり前じゃん!」


と言う人もいるかもしれません。

そしたら、平日休みの人はどうかと言うと、

そわそわするのは金曜日じゃないし
ブルーな気分になるのは日曜日じゃない。


つまり、これもアンカリングなんです。


土日が休みの人は、金曜日になると、

「今日の仕事が終わったら、好きなことができる。」
「仕事が終わったら、思いっきり飲むぞ〜。」
「土日はデートだ。」

とか、休日のことをいろいろ想像すると思います。



 金曜日  →  休日  →  楽しい!!

となっていて、間にある「休日」が抜け落ちた結果、

 金曜日  →  楽しい!!(そわそわ)

になっているのです。



同じように、日曜日の夜は


日曜日の夜  →  休日終了  →  仕事スタート  →  ブルーな気分↓


となっているところで、間が抜け落ちて


日曜日の夜  →  ブルーな気分↓


になっています。
だから、土日休みではない人は、別の曜日で同じようなことが起きていることでしょう。


これは、曜日によるアンカリングと言えると思います。
posted by Holy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実はアンカリングをエリクソン催眠に利用していた

昨日の記事では、エリソン催眠の技法がアンカリングに
応用できるんじゃないかと言うことを書きました。


しかし、



本を読み進めてみると、衝撃的な事実が



催眠状態を誘導するときには、相手が以前に催眠状態になった時の
アンカーを使っているというのです。

それはもちろん、五感(特にVAK)による刺激をイメージさせることで
催眠状態を誘導することになります。


そしてさらに、催眠状態になったら、その状態をアンカリングすることで
再度、催眠状態を誘導することを容易にできると書いてあります。

催眠誘導するときは、声の調子、動作、姿勢、表情を普段と違うものに
しておけば、声の調子や姿勢、表情を変えるだけで、相手を催眠状態に
変えることができるようになると。



催眠状態という、無意識が意識より優先されている状態すらも
アンカリングできてしまうというのが、衝撃的であり、納得のいくものでした。


ラベル:エリクソン
posted by Holy at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

エリクソン催眠をアンカリングに応用

エリクソン催眠の本を読んでいたら、目から鱗の内容がつぎつぎと


相手を特定の状態に誘導するための技術が紹介されています。
まだ途中なんだけど、

自然に催眠状態に誘導するには、接続詞を選ぶことが大切。

たとえば、
「そして」「そのとき」「このようにして」
など。

前文と後の文章が内容的につながりのないものでも、このような
接続詞を使うことで、つながりがあるように感じられる。

「あなたは今、椅子に座って目を閉じていますね。そして、
 椅子の硬さを感じることができ、また、鼓動の速さを知ることもできます。」

と言った具合に。

相手にとって、まず間違いないこと(椅子に座っていること、目を閉じていること)を
言った後に「そして」でつないで、
鼓動の速さを感じ取ってもらうところまで移行しました。


これを応用すると、相手が望んでいる状態(感情)を誘導するのが、
簡単になるだろうと思います。

「鼓動の速さを知ることもできます。そうすることで、あなたが望んでいる感情を
 感じ取ることもできるようになります。」

と言った具合に。

ほかにも、視覚的なイメージで誘導したり、聴覚的なイメージで誘導することも
できるはずなので、さまざまな状態に誘導する際にとても有効な手段だと思います。


エリクソン催眠はすごい!

もっと勉強しよう。そして、ドンドン実践しよう!
posted by Holy at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

趣味に走っている彼とうまくやるアンカリングテクニック

恋愛で使えるアンカリングテクニックを紹介します。

そんなに難しいテクニックではないけど
少々忍耐が必要かもしれません。



自分の趣味に走ってしまって、なかなか自分を見てくれない彼を
どうにか自分の方に向けさせたい場合に使えるテクニックです。



趣味もアンカリングのひとつです。
はじめてその趣味に接したときに、非常に楽しい思い出だと

その趣味 = 楽しい

というアンカリングが成立して、その後は趣味を優先的にやっていきます。
だから、


始めてスキーをやったけど転んでばかりでちっとも楽しくなかったと


言う人はスキーを趣味にしませんが、


少しは転んだけど、そこそこ滑れたし、たくさんの友達と行ったから楽しかった


と言う人は、スキーが趣味になる可能性は高いでしょう。


で、どうするかと言うと


「趣味 = 楽しい」


という図式を


「彼女 = 趣味 = 楽しい」

に変えるようにするんです。
具体的には、

しばらくは彼の趣味にトコトンつきあって、

「彼女と一緒に趣味のことをやると楽しい」

と思わせるようにするんです。


「彼女が一緒じゃないと、趣味のことやっても楽しくない」

に変化したらOKです。
ここまで来たら、一緒に彼の趣味のことをやらなくてもよくなります。

彼は、あなたと一緒にいるだけで楽しいと感じるようになり
趣味のことを放り出すでしょう!



ポイントは
あなたと一緒に趣味のことをやるときに、彼をメチャメチャ楽しませて
あげることです。1人でやっているときが退屈に感じるぐらいに。
posted by Holy at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

アンカリングを分類してみる

アンカリングテクニックの使い方は、主に3つに分類される
と思う。


1、感情(状態)を呼び出す。

2、感情(状態)を維持する。

3、別のアンカーをつぶす。



この3つを基本にして、いろいろ応用できるんじゃないかな。

アンカーの連鎖、アンカーの積み重ねもそうだし、
他のテクニックとの組み合わせもありだな。
posted by Holy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

アンカリング祭り開催!!

しようと思います。


でも、どんな問題解決を望んでいるんだろうな〜。


「苦手な人が楽しい飲み仲間になっちゃうアンカリング」

とか

「男性が苦手な女性が、言いたいことを言えるようになるアンカリング」

とか、どうだろう?

あと、

「旦那が自分から家事を手伝いたくなるアンカリング」

ていうのもおもしろそうだね。



このブログを呼んでくださっている方におねがいです。
どんな問題を解決したいですか?

おしえてください。その問題を解決する方法を提供します!!
posted by Holy at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

アンカリングは日常的

ある友人の話を聞いていて、

アンカリングって日常的におこっているんだなぁと
思ったエピソードがありました。




「品川とか上野とか、駅構内に飲食店が充実している駅があるから
そういうところで食事できるよね。」


と言ったら、


「駅の中で食事するのはちょっと〜。」


と歯切れの悪い返事。
歯切れの悪い理由を聞いたら、


ある日、駅のホームにあるそば屋で立ち食いそばを
食べようとしていたとき

そうとうムカつくことがあったらしいです。




(それって、普通じゃん。)


と言うツッコミがありそうですが、

そうなんです。
これもアンカリングなんですが、とっても普通のことなんです。



人はいろんな経験をアンカリングして学習しているんですね。

一度経験したことを学習するために、アンカリングを利用しているんです。

アンカリングされたものは、次から特に考えないで
条件反射的に選択・行動できるようになるんです。


アンカリングの原因に気づかないでいるのと、気づいているのと
意図的にアンカリングしているのでは、自分の人生の質が
変わってくるでしょうね。


自分の好き嫌いや自然にとってしまう行動など、
いちど振り返ってみると面白いかも。
posted by Holy at 00:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。