2008年03月30日

食べ物の好き嫌いはアンカリング

食べ物の好き嫌い(特に食わず嫌い)は
アンカリングによって作られた感覚です。


例えばトマト



好きだという人もいれば、大嫌いだという人もいる。
同じトマトに対して、人は同じ反応をしないのはなぜか。

それは、昔トマトを食べたときに感じた感情が
よいものだったのか(食感、味、色・ツヤ)
それとも悪いものだったのか
によって変わる。


最初にトマトを食べたときに、いい想いをしていれば
トマトを好きになっただろう。
それは必ずしも、トマトを食べていなくてもいい。
何かいい想いを強く体験したときに、
目の前にトマトがあったら、トマトを好きになる。

何か悪い想いを強く体験したとき、
目の前にトマトがあったら、トマトを嫌いになる。



好き嫌いの好みは子供の頃作られる!

そして好き嫌いの好みはアンカリングで修正できる。

ということは、アンカリングで好き嫌いの偏食を解消し
健康的な食事メニューで節制できるようになるとこうことだ。

よしっ!
posted by Holy at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。