2008年03月16日

自分自身を愛するアンカリング

自分自身を愛したり、受け入れることができずに、
嫌っていたり、否定している人がいる。

そんな人が、はたして幸せになれるだろうか
そんな人が、本当に人を愛することができるだろうか

そんな人に、どれだけ深い愛情を注いでも、なかなか気づいてもらえないだろう。


誰からも愛されていないんじゃないかと感じている人は
まず、自分自身を愛することから始めてみよう。


1、リラックスして楽しめる場所をイメージして、自分のことを
  熱心に気にかけてくれる人物を思い浮かべてみよう。
  フッと浮かんだ人物でも構わない。

2、どんな所を支えにして、その人は愛情を注ぎ、気にかけてくれているか。
  その人はどんな風にあなたを愛してくれているか。

3、軽く目を閉じて、自分の体を離れて、その人の中に入っていく
  イメージをしてください。
  その人はどんなところを愛しているのか。
  どんな言葉を話し、どんな風に見えているのか。

4、あなたはその人に心から愛されているという感覚を感じると同時に
  これ(アンカー)を感じることができますし、自分のために、
  自分のアンカーを設定することもできます。

5、自分自分の体に戻って、自分を心から愛してくれるその人が
  自分に注いでくれる愛情をしっかりと受け止めましょう
  そして、これ(アンカー)を感じます。
  あなたが今何を感じているかに注意を払ってください。

6、一度今の状態を中断したのち、アンカーを点火して、何を感じるかに
  注意してください。
  その感覚は、あなた自身のものとして一体感を感じることができますか。


自分自身を愛することができそうならOK

ちょっとまだ無理そうなら、もう1度やるか、別の方法を試してください。

posted by Holy at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受験生のアンカリング

受験生とか高校球児とか、何か目標を持っている人が

「○○合格!!」

とか

「甲子園出場!!」

と書いた紙を壁に貼ったりしているのを、見たり
聞いたりしたことがあると思います。


あれは目標を達成するために、モチベーションを維持する方法
の1つとしてやってると思うんですが(自分はやったことない)

壁に目標を貼るのも、アンカリングテクニックの1つだと思うんです。


そう考えると、目標を壁に貼るやつを、より効果的にする方法が浮かんできます。



・張り紙を書くタイミングは、目標の状態を一番強くイメージしたとき。
・その目標を達成したときの状態を明確にする。
・張り紙に特徴を持たせる。
・書く内容は、目標の状態を簡単に連想できるものにする。
・できるだけ毎日見る場所に貼っておく。


こんなところでしょうか。



「○○合格!!」なら、合格したらどうなるかを想像する。

想像したときの想いのまま、すぐに紙に目標を書く。
「○○大学合格して、ウハウハ1人暮らし!」
みたいな感じで。

普段使わない筆とかクレヨンとかで書く。(インパクト 大)

毎日見るようにしたいので、机の上でもいいけど
トイレの壁とか、洗面所の鏡とかでもいい。
↑のやつだと、親に見せられないので、自分のケータイで
写真を撮って待ち受け画面に設定してもいい。






ここまで書いてきたら、望月さんのやっている「宝地図」が
まさにこれとソックリじゃないかと思った。

もちろん「宝地図」の方が数段レベルが高いんだけど。
やっぱりすごいな〜、望月さん。

posted by Holy at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。