2008年03月09日

タイムラインセラピーの応用その3

タイムラインセラピーをやるときにより効果を得るための応用方法


1.ネガティブな状態をアンカリングしておいて、アンカーを維持したまま
  ネガティブな状態を作り出す最初の出来事までさかのぼる。

2.一度タイムラインから外れて、過去の出来事をその人にとってよい経験
  となるために必要なリソースを特定してアンカリングする。

3.最初の出来事へ戻って、ネガティブな状態とリソースに満ちた状態の
  アンカーを同時に点火する。
  これによって、ネガティブな状態を破壊することができる。

4.一度、ニュートラルな状態に戻った後で、フューチャーペーシングして確認。



ネガティブな感情や行動などの手放し方のひとつということですね。
ネガティブアンカーに対して逆アンカーをセットして、同時に点火する。
これをタイムラインセラピーのなかでやってしまうというもの。

言葉だけではネガティブな感情や行動を手放せない場合には有効かもしれません。


注意しなければいけないのは、エコロジーチェックをすることと
ネガティブな状態を再体験することをさけた方がいい場合は
この方法を使わないということ。
posted by Holy at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムラインセラピーの応用その2

タイムラインセラピーはネガティブな感情(恐怖症など)をケアする方法だけど
今日ここに書き込むものは「再刷り込み」という方法で、

その人の行動や信念、記憶において、今のその人にはあまり役に立っていないか、
妨害しているものをケアする方法である。

そもそも、信念や記憶、行動は過去に経験した出来事から刷り込みを受けて
今につながっているので、最初の経験を再度刷り込みして、違う意味付けを
することで、違う信念や記憶、行動が引き起こされる。


1.なにか、行き詰まりを感じている場合は、
  その原因となっている行動や信念、記憶を特定する。

2.特定した状態をアンカリング。

3.アンカーを点火したまま、タイムラインで最初の出来事の場面へ移動。
  最初の出来事を見つけたら、タイムラインを離れる.

4.最初の出来事がこれまでその人へ与えてきた影響について検討する。

5.その行動や信念、記憶の肯定的な意図を見つける。

6.その当時に持っていたら、その後の経験を全て変えられそうなリソースを特定して
  アンカリング。

7.その人に影響を及ぼした人物にタイムライン上でリソースをわたす。
  (リソースアンカーを点火した状態で)

8.最初の出来事の意味付けに変化が起き始めていることを確認する。

9.最初の出来事の中のその人へリソースをわたす。
  (リソースアンカーを点火した状態で)

10.最初の出来事について、再検討してフューチャーペーシング。
   (リソースアンカーを点火した状態で)


ちょっとややこしいかも、だけど。

要するに、
タイムラインセラピーをするときに、最初の出来事の意味付けを
変えるために必要なリソースをアンカリングしておいて、
タイムライン上に移動したときに、アンカーを点火することで、
必要なリソースをタイムラインに持ち込むことができるようにするというもの。



アンカリングが、ある特定の状態をパッケージングするようなものだと考えると
わかりやすいかもしれない。
持ち運びしやすい形にして、必要なときにパッケージを開けば使えるようになる。
某アニメのホイポイカプセルとか、日常的にはおむすびとか、そんな感じ。
posted by Holy at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。