2008年02月29日

アンカーの変移

アンカリングについて、とても興味深い動画を見つけた。





最初は体感覚への刺激がアンカーとなって、特定の感情を
呼び出していたが、次第にクライアントの体に触れなくても
それと同じ動作を見せるだけで、同じ感情を呼び出せるようになっている。

言葉による巧みな誘導によって、体感覚刺激によるアンカーが
視覚刺激によるアンカーに変移しているようだ。



この動画から学んだこと

・指先で首を触れるのと、手のひらで首を触れるのでは異なるアンカーになっている

・クライアント以外の人物が同じ動作をしているところを見せて
クライアント自身が触れられているところを連想させている。
そうすることで、首筋をつかむ仕草がある感情を呼び出すように
している。


うーん。おもしろい。
誰かに試してみたいなー。
posted by Holy at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

ロゴ、イラストもアンカリングだ!!

ロゴ、イラストはアンカリングへの挑戦!


人がある図形を見たときに、どんな感情を思い出すか
何を連想するかが、ロゴやイラストを描くときには大切になる。

より多くの人に、作成者の思惑通りの感情を連想してもらえるように描く。



これは、似顔絵でも同じことが言える。
写真ではないので、その人の顔を全て表してはいないけど
特徴を捉えて描くと、本人を思い起こさせることができる。



つまり、ある特定の色や図形が、感情や人物を思い起こさせる
アンカーになっていると。
posted by Holy at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

こんなものまでアンカーになるのか。でも合点!

NLPの本を読んでいたら、「名前」もアンカーになっているとのこと。


え〜!

と思ったけど、考えてみたら合点!


人の感情は曖昧なものだけど、名前の付いている感情は
名前の付いていない感情に比べると、思い出しやすい。

「怒り」「よろこび」「わくわく」とか


そして自分がなんと呼ばれるのかで、役割が変わる

「お父さん」「柴田さん」「しばちゃん」
「かずえちゃん」「かずくん」「かず」「お兄ちゃん」
「Holy」

全部自分のことを呼ばれているのだけど、全部違う役割だし
性格も違う(自分の性格の違う1面)。
さらに自分の状態も違ってくる。


ここまで考えて、とあるセミナーでイングリッシュネームを
付けるのはアンカリングの効果をねらっていたことに気づく。
新しい自分の状態を作り出すために、新しい名前を付ける。

なるほどぉ〜、と合点したのでした。
posted by Holy at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

アンカリングでアレルギーセラピー

なんと!!

アンカリングを応用することで、アレルギーに対して
有効なセラピーができるらしいです。


このことが書いてあった本には、くれぐれも注意するようにと

「アレルギー反応には生命に関わる重大なものがあるので
 医師に相談した上で、経験のあるセラピストによって
 実施するように!」



生命に関わらないような軽いアレルギーで練習したいな。

猫アレルギーを持つ猫好きの人とか。


花粉症はニーズがあると思うけど、ちょっとハードルが高いらしい。
アレルゲンが特定できないものについては、思うような結果が
得られないこともあるらしいので。





猫アレルギーとか軽いアレルギーを持っている方で
私のテストモニターになっていただける方がいらっしゃったら
ご連絡ください。
コーチングもあわせて無料セッションをさせていただきます。

よろしくです。
posted by Holy at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

「げんを担ぐ」のもアンカリングだ!!

すごいことに気づいちゃったかも〜。


日本人は昔からアンカリングを使った成功哲学を知っていたんだ。

「げんを担ぐ」

ということわざ。
「げんを担ぐ」って、
うまくいったときにやったことをもう一度やってみたり、
身につけていたものを、もう一度身につけることでしょ。


「げんを担ぐ」ことによって、うまくいったときの自分の状態を
呼び出すことが出来て、もう一度うまくいく。

つまり、アンカーを点火してるわけだよ。



よーし。

げん担ぎ(アンカリング)どんどんやっていこ〜!!
posted by Holy at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なめらかな状態変化のアンカリング

急な変化を必要とするような場合は、1つのアンカーだけでは
効果が得られないことがある。


この場合、

アンカーを複数の状態に分けてセットする。
(例:どん底 → 落ち着き → 問題解決)

そして、アンカーを順番に点火する。
すると、状態変化がなめらかになり、効果が得られやすくなる。



アンカリングの深さを知るとともに、根本的なものを
つかみかけているような気がする。
これをつかんだら、自分なりのアンカリングの応用方法の
アイディアがたくさん浮かんでくることだろう。

もう少しだ。
posted by Holy at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

アンカーの複数化

セットするアンカーを複数にしたらどうなるか、考えてみた。


1)まず、セットするアンカーが1つの場合

・使用するアンカーが1つなので、点火する条件が少なく、汎用性が高い
・特徴のあるアンカーを選ばないと、高い効果が得にくい。


2)セットするアンカーが2つ以上の場合

・汎用性は失われる可能性が高い。
・特殊性が高くなるため、アンカリングの効果が得やすい。


複数のアンカーをセットする場合は、VAKの全てを
使うようにすると、より強力なアンカーになる。
(クライアントの中心的なモードがわからない場合は特に)

例えば

 空間 + 音楽
 空間 + 香り

 写真 + 音楽
 写真 + 香り  など


 あるセミナー会場 + ある音楽 → 踊りたくなる

というアンカリングが出来ている人もいるだろう。
posted by Holy at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

こんなのはアンカリングだー、その1

ふと、アンカリングの例を思いついたので



仕事が終わってもすぐに自宅に戻ろうとせずに
毎晩飲みに行ってしまったり、休みの日もなんとなく
家に居づらい、サラリーマンのお父さん。


自宅 = 居心地が悪い


というアンカーがセットされてるかもしれません。




このアンカーが出来るまでに次の2ステップがあると思う。

1.
不機嫌な奥様、子供たち = 居心地が悪い

2.
自宅 = 不機嫌な奥様、子供たち


それで、間の反応が抜け落ちた結果として

自宅 = 居心地が悪い

という連想ができあがってしまう。


こんな仕組みは、本人は気づいてないだろうし、
気にもしてないだろうけど、悲しいね。
posted by Holy at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

テンポラルダイナミクス+アンカリング

ネガティブな感情を取り除くためのツールとして
テンポラルダイナミクスがあるが
これにアンカリングを追加した場合の応用例。


取り除きたいネガティブな感情を再体験できるような感情の場合で
再体験するのが難しい感情の場合は使わない。


ネガティブな感情を再体験してもらい。
その状態をアンカリングする。

タイムラインを導出した後で、最初にネガティブな感情を持つことに
なった出来事まで時間をさかのぼる際に、ネガティブな感情の
アンカーを発火しておくと、最初の出来事を見つけやすくなる可能性がある。



たぶん、軽めのネガティブな感情を取り除く場合に使うと
効果が高そうな気がする。

軽めのものだと、タイムラインを導出している間にその感情が
どんなものだったか、クライアントが忘れてしまう可能性があるときとか。

ネガティブな感情を感じているときと、タイムラインの導出中だと
クライアントの状態が全く違うだろうから。
posted by Holy at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | アンカリングの応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

場所のアンカリング

「場所」もしくは「空間」って、どんなモードに作用するのかなと
思っていたら、

Kモードに作用するんだって。
(「NLPハンドブック」より)

これはつまり、その場に移動するから体を動かすからだとおもう。
そしたら、Vにも作用するような気もするが・・・。

さらに、その空間に音(音楽)があったら、Aにも作用するよな。


ようするに、VAK全部に作用するということか。
だとすると、アンカーにするには良いな。
「場所」「空間」


その実用例は「エクセレントサークル」というわけか。

なるほど〜。
posted by Holy at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングの実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

コーチングをアンカリング!?

手の内をさらすようで、ちょっと気が引けるんだけど・・・。


コーチングの度にクライアントをリソースフルな状態に
しておけば、コーチングによって得られる成果が大きくなる
可能性が高くなる。



しかも、これを数回続けておけば「コーチング」という
アンカーがセットされて


コーチング=リソースフル(自分の最高の状態)


が、できあがるかもしれない。

そうなったら、コーチングが快感になり、継続的にコーチングを
受けたくなっちゃうんじゃないかな。
(普通にコーチングしても、コーチングが快感に感じるだろうけど)
posted by Holy at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | アンカリングの実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

アンカーに使うもの

これは、あるクライアントのセッション中に気づいたことですが。
これまでよく使っていたアンカーは「K」

つまり、体の一部を強く押したり、つまんだりすることだったが
引き起こしたい状態にあわせて「K」以外のアンカーを
使うことが有用であることがわかりました。


例えば
「特定の音楽」
「人物の写真」
「特定の場所」

といった感じ。


今回のクライアントは「特定の音楽が」すでにアンカーに
なっていたので、そのアンカーを利用させてもらいました。


ただし、クライアントが日常的に主に使用しているモード(VAK)と
有効に働くアンカーとは直接には関係ないこともある。
posted by Holy at 18:09| Comment(3) | TrackBack(0) | アンカリングの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンカリングの要素とパターン

アンカリングは

「反応どうしをリンクする作業」


ある反応が起きたときに、別の反応が起きるようにリンクさせる作業。



わかりやすい例は「パブロフの犬」

1.肉を見た犬はよだれを流すという反応が起きていた。
(肉というアンカーが、よだれという反応を引き起こした)

2.肉を見せる前にベルを鳴らした。
(ベルというアンカーが、肉という反応を引き起こした。ように思いこませる)

3.ベルが鳴ると、よだれを流すようになる。
(ベルがよだれの引き金になる)



このリンクを強いものにするために重要な4つの要素
 ・強度(引き金から受ける刺激の強さ)
 ・鮮明度(引き起こしたい状態の鮮明さ)
 ・特異性(引き金になるアンカーは特異なものか)
 ・タイミング(セットする状態のピーク、もしくはその直前)



posted by Holy at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アンカリングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

アンカリングには2種類ある?

早速1つ目の備忘録


アンカリングには2種類あるらしい

VAKの各モードを使ったアンカリング
(これは今まで使ってた)

と、その上位にあるメタ・アンカー

の2つだそうな。(「NLPハンドブック」春秋社、より)



メタ・アンカーは信念や価値と行ったメタ・ステートに対する
アンカーということらしい。
具体的にどんなパターンを利用するのかは、これから本を
読み進めて確認する予定なり。
posted by Holy at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | アンカリングの応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宣誓!

ずいぶん記事を書かなかった気がします。


ちゃんと生きていましたし、活動も続けています。


しばらくぶりの記事でいきなり宣言しちゃいます。

コーチとして自分のブランドを確立したいと思い、
1つのスキルに関してのプロフェッショナルになると決めました。



「アンカリング」



といえば、○○さん。

この「○○さん」に自分の名前を言ってもらえるようにする!




そのために、まずはアンカリングに関して勉強だ。
今日から、アンカリングについて書いてある本を読んで
学んだことを1日1記事書く!!

(自分の備忘録のためにも)
posted by Holy at 07:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。