2007年11月20日

問題は1人で解決するものなのか?

悩みや問題を抱えている人の多くは、1人でその問題を解決しようとしているように思えます。

それはもう、強迫観念のように

「問題は自分一人で解決しなければならない。」

そう思い込んでいるように思えてなりません。
(もちろん1人で解決した方が良い場面もありますが)


この思い込みは、10年以上経験してきた”試験”というものが影響しているように感じます。

一般的な”試験”はカンニングが許されません。
もちろん、その人の学力を測るのが目的なので当然です。

でも、問題を1人で解くことにあまりにも慣れすぎていて、1人で解決することが普通のことで、
2人以上の力を合わせて問題を解決(解く)ことが突飛なことになってしまっています。



だから、会社の会議でも誰かがあらかじめ用意したプレゼン(答え)に出席者が同意すれば可決、
というスタイルができてしまっていて、根回しなんていうものが存在する。

しかし、今の世の中、1人の人間が考えたアイディアだけで簡単に結果を出せるほど甘くないと思います。
せっかく数名、数十名の人間が集まるのですから、それぞれがアイディアを出しあった方がより良いものを作り出せるはずです。



そして、個人の場合でも1人で悩むよりは、誰か他の人の力を借りた方が解決しやすかったりしますよね。

試験じゃないので、誰かの力を借りても良いんですよ。
知っていましたか?


同じような問題を抱えていて、それを解決した人に相談しても良いでしょう。
尊敬する人に相談するのも良いでしょう。
でも、なかなかそういう人が周りにいなかったり、信頼できる人がいない。
または、自分にぴったりの方法を知りたい。


そんな人は一度コーチングを体験することをおすすめします。
私の場合は、初回30分は無料ですので、安心してください。
posted by Holy at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。