2007年10月14日

教育制度と現状とのギャップ

今の学校教育に疑問を抱いている人は少なくないと思う。

なぜかというと、現代社会は何かと変化のスピードが速いのに対して、教育制度の基本的な部分が何十年、何百年間と変わっていないから、現状と合わなくなってきていることが、原因だと思う。

子供たちは何十年も前からこのギャップに気づいていたのに、大人たちは変えようとしない。


「こんな勉強して何になるんだ。日常生活ではほとんど役に立たないじゃないか。」


このセリフを何十回、何百回と聞いたことか。


今求められている学校教育制度を表した一例は、次のおとぎ話で良く表現されていると思う。



昔々、動物たちは、新しい世界の様々な社会問題を解決するために、何かしなければならないと考えて、学校を設立することにした。科目は、かけっこ、木登り、水泳、飛行であった。学校を円滑に運営するために、すべての動物にこれら四科目の履修が義務づけられた。
アヒルは、水泳の成績は優秀だった。先生よりもうまかった。飛行もいい成績だったが、かけっこは苦手だった。それを補うために、放課後居残りをさせられ、そのうえ水泳の授業時間まで削って、かけっこの練習をさせられた。やがて、足の水かきが擦り減り、水泳も平凡な成績に落ちた。しかし、学校は平均的な成績でいいとされていたので、アヒル本人以外は、誰もこのことを気にかけなかった。
ウサギは、かけっこにかけては最初から優等生だったが、水泳が苦手で居残り授業ばかりさせられているうちに、神経衰弱を起こしてしまった。
リスは木登り上手だったが、飛行の授業では、木の上からではなく、どうしても地上から飛べと先生に強制され、ストレスがたまる一方だった。疲労困憊の末、肉離れを起こし、やがて木登りもC、かけっこもDにまで落ちた。
ワシは問題児で、厳しく構成する必要があった。木登りの授業では、いつも一番早く木の上に到着したが、先生の指示する方法にどうしても従おうとしなかった。
結局、学年末には、泳ぎが得意でかけっこもまあまあ、木登りも飛行もそこそこという少々風変わりなウナギが、一番高い平均点を獲得して卒業生総代に選ばれた。
学校側が穴掘りを授業に取り入れてくれなかったことを理由に、モグラたちは登校を拒否し、その親達は税金を納めることに反対した。そして子供をアナグマのところに修業に出すと、後はタヌキたちと一緒に私立学校を設立し成功を収めた。
(『動物学校』R・H・リブス)





教育制度への疑問は何も、自分が学校に馴染めなかったからとか、いい成績がとれなかったからではありません。

いい成績をとって、いい大学に入って、いい会社に入っても、幸せが得られなかった。


そんな経験があるから、余計に教育制度に疑問を持つようになったのです。
ラベル:学校 教育
posted by Holy at 02:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。