2007年10月30日

成功者たちの秘密

「ザ・シークレット」という本のタイトルを良く聞くようになったなぁと思っていたら、

友人の一人から、DVD版の日本語訳(20分間だけ)が見れるサイトがあるのを教えてもらった。
http://jimaku.in/w/_b1GKGWJbE8/ae1POlJjQMK



いやぁ〜。これ見たら、ビックリしたというより、そう来たか〜。という感じでした。
やられました。

やっぱりそれなんだ。




と、思っていたら、先日
コミック版「宝地図」を購入していたことを思いだし、ここにもあった。

イメージによって現実を引き寄せる法則。


「宝地図」は本当にそのシークレットをうまく利用した方法だなと、改めて感心しちゃいました。


その勢いで、ナポレオンヒルの「思考は現実化する」も買ってしまった。




成功している人は共通してこの本を読んでいるんですよね。

自分で買ってはいなくても、他の人からプレゼントされたとかで、読んでいる。


だから、「ザ・シークレット」も「宝地図」も「思考は現実化する」も全部本当のことなんだと、実践するかどうかの違いなんだと、思い知った感じです。


良いイメージを持つこと、ポジティブな感情を感じること。


これが、幸せになる方法なんだと、確信しました。
posted by Holy at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

コーチングへの誤解

コーチングに関する本やセミナーがいろいろ出てきていますが

コーチングを学ぼうと思っていらっしゃる方に覚えておいて欲しいことがあります。



コーチングは、相手を思うように動かすための会話術ではなく、

相手が望んでいる結果を達成するための手助けをする方法であり、

相手を手助けするという自分自身のあり方であるということです。



コーチングを仕事に使いたいとお考えの方も多いと思います。
それは素晴らしいことです。そして、自分のためだけでなく、
相手のためにコーチングスキルを使っていってもらいたいです。




posted by Holy at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

心が開かれてないとダメ

コーチングを始めるときは、まずクライアントの方との間に、開かれたコミュニケーションが成り立っていないとダメです。


相手の心が閉じているときは、何を言っても

「そんなはずないだろう。」
「あんたにそんなこと言われたくない。」

とか、とにかくコーチが言うことを否定する。


これでは何も進まないので、全くコーチングの効果が得られない。

だから、コーチングを始めるときや、コーチングの最中は常に相手の心が開かれた状態を維持できるように気をつけている。



これは、コーチングに限ったことじゃない。

相手と自分の心が開かれた状態でコミュニケーションを行えば、自分の伝えたいことが相手に伝わりやすい。

夫婦や恋人と、先生と生徒、上司と部下、営業と客、どんな場面でも開かれたコミュニケーションが重要になる。



常に相手の心が開かれているがどうかを気にしていたいものだ。
posted by Holy at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済的自由って、本当に必要?

今テレビとかで、いわゆる「勝ち組」といわれる人たちのことが騒がれています。

この人たちは、経済的自由を手に入れた金持ちでとても幸せそうで楽しそうにしています。


でも、金持ち全員が幸せで楽しい毎日を送っているでしょうか?

お金はあるけど、友達は一人もいない、家族もいない。
お金はあるけど、大きな病気を抱えている。
お金はあるけど、仕事に追われて休みが無い。

こんな人もきっといるはずです。

テレビでは、幸せで楽しそうな金持ちの方がウケるから、そちらを映します。
苦しそうな金持ち、地味な金持ちはいわゆる「絵」にならないですよね。



だったら、金持ち=幸せ という図式は必ずしも成立しないことになります。

経済的自由を手に入れるために、他の全てをなげうった場合、その人は本当に幸せでしょうか?
たしかに、そういう人もいるでしょう。それはそれで、間違っていないと思います。

ただ、テレビや雑誌、本などで、金持ち=幸せ と言っていることを鵜呑みにしない方がいいです。



自分にとって幸せとは何か。


そのことをじっくり考えてみてください。


FV016.JPG




※そもそも、「勝ち組」「負け組」とか言っている人は「勝ち組」には入れませんよ。
posted by Holy at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

億万長者マインド


先日、4ヶ月ぶりにロバート・キヨサキが開発したキャッシュフローゲーム(CFG)会を開催しました。


楽しかったのはもちろんのこと、今まで学んできたものが、いっきにひとつにまとまって腑に落ちるきっかけになりました。


それは、金持ち(億万長者)になるために絶対必要なマインド、心の持ち方です。


マインドの重要性はロバート・キヨサキも本の中で言っていますが、億万長者専門学校を開いているクリス岡崎氏も同じようにマインドの大切さを説いていました。



頭では理解できていても、腑に落ちていないので、なかなか実行できませんでした。
でも、それをCFGというゲームの中で実践することで腑に落とすことが出来ました。


それは、

WIN-WIN

与えると、与えられる

豊かさマインド

チーム

・・・

・・・


いろいろなものです。


金持ちマインド、億万長者マインドを身に付けたい方は、私が主催するCFG会に一度いらしてください。

次回開催は、このブログで告知します。
posted by Holy at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

最近良く聞く”FX”

最近”FX”というのを良く聞きますよね。

このブログには「タグ」の設定が出来るのだけども、人気No.1の「タグ」だそうな。



実は私、この”FX”を2年半ぐらい前に見つけて、1年半ぐらいは運用していました。
(”FX”は金融商品のひとつ)

当時はまだFXに関する本を本屋で見つけることは出来ませんでした。
(悪徳業者に注意しましょう。という内容の本はたくさんあった。)

ですから、WEBで探したり、取り扱い業者主催のセミナーに出席したりして情報を集めました。
その時はまだ、取り扱い業者の信用度がとても大切だったので、評判を聞いたり、自分で調べたりして、FXの取り扱い業者を悩むところから始めました。



そして、1年半で約2倍にすることができました!

でも、今は運用していません。



なぜ止めたのか。



それは、面倒になったから。

確かに利益は出ていましたが、そのためにはたくさん勉強する必要があったし、動向が気になってしまい、朝昼晩とチャートをチェックしたりして、負担が大きくなったので止めたのです。


しかし、今もFXの魅力、可能性には確信を持っています。

「FXのメリット」
・24時間取引可能なので、取引機会が多い。
・レバレッジが利くので、少ない資金で大きく利益が出せる。
・銘柄選びが楽。(多くても20種類程度の通貨から選ぶだけ)
・スワップポイントが付く。
など

反対に「デメリット」
・レバレッジが利くので、損をしたときは大きく損をする。
・情報が少ない(当時)。
・取り扱い業者の信頼度。
など

これらのデメリットは、自分でコントロールできると感じたので、挑戦することにしました。しかし、上でも書いたように、面倒になってしまったので、止めました。




そして今、ついに見つけたんです。

手間のかからないFXでの投資方法を。



それは・・・。

ラベル:FX
posted by Holy at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

鶏が先

楽しみややる気、生きがいを見つけられない子供が多くなっているような気がします。


以前に「教育制度」についてコメントしていただいた方への返答になればと思いますが、

「家庭教育と地域の協力が必要」と書かれことは、共感しています。

今の子供たちが変わるためには、まず大人たちが変わらないといけないと。(つまり、鶏が先)


子供は良くも悪くも、大人たちを見ています。
だったら、多種多様に光り輝いている大人たちをたくさん見せてあげたいじゃないですか。
そんな大人たちの姿が子供たちの良い参考になれば、自分が望んでいる人生を考えるきっかけにもなると確信しています。


だから、大人が自立した人間になることを推進し、自分が望んでいる人生を送られるようにサポートすることをやっていくと決めました。



そうやって、生き生きした大人を日本中にあふれさせたい。



その方法として選んだのが、セミナーやコーチングです。
posted by Holy at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

政治家って暇人?

選挙やスキャンダルがあるたびに、目立つ政権争い。


たしかに不正行為は許してはいけないことだけど、それは結果として表れた現象だと思う。
結果について、いくら議論を続けても、問題の解決はできない。
問題が生じた原因を取り除かないと。
枝葉末節にとらわれすぎて、根っこが見えていない。


なのになぜ、政治家はあれほどまでに枝葉末節にこだわるんだろうか。
そんな暇があるなら、もっと大切なことにフォーカスして、エネルギーを集中して欲しい。


問題のほとんどはお金に絡んだものだとおもう。
ではなぜお金がそれほどまでに必要なのか。
影響力を強くするため、それとも選挙に勝って議席を確保するため。
つまり、政権をとるため?

なぜ政権をとる必要があるのか。
議席数を1/2とか2/3にして自分たちの政党の案がそのまま議決されやすくするため?


そもそも、なぜそれぞれの政党は自分たちの意見を主張するばかりで、お互いが納得できる第3案を話し合いで作り出そうとしないのか?


議論がまとまるまでに時間がかかるから?
そもそも、まとまるはずがないと思っているから?


政権争いなんかしている時間とエネルギーがあるなら、より効果的な議論を行ったらどうだろうか。

政権争いを見たり、耳にしたりすると、自分たちのことばかり考えて、国のことを本気で考えている人は、ほとんどいないのではないだろうかと思えてくる。


政権争いする必要のない政治の仕組みを考えてみたら、どうだろう。



なんだか、まとまりのない文になってしまった。

posted by Holy at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

教育制度と現状とのギャップ

今の学校教育に疑問を抱いている人は少なくないと思う。

なぜかというと、現代社会は何かと変化のスピードが速いのに対して、教育制度の基本的な部分が何十年、何百年間と変わっていないから、現状と合わなくなってきていることが、原因だと思う。

子供たちは何十年も前からこのギャップに気づいていたのに、大人たちは変えようとしない。


「こんな勉強して何になるんだ。日常生活ではほとんど役に立たないじゃないか。」


このセリフを何十回、何百回と聞いたことか。


今求められている学校教育制度を表した一例は、次のおとぎ話で良く表現されていると思う。



昔々、動物たちは、新しい世界の様々な社会問題を解決するために、何かしなければならないと考えて、学校を設立することにした。科目は、かけっこ、木登り、水泳、飛行であった。学校を円滑に運営するために、すべての動物にこれら四科目の履修が義務づけられた。
アヒルは、水泳の成績は優秀だった。先生よりもうまかった。飛行もいい成績だったが、かけっこは苦手だった。それを補うために、放課後居残りをさせられ、そのうえ水泳の授業時間まで削って、かけっこの練習をさせられた。やがて、足の水かきが擦り減り、水泳も平凡な成績に落ちた。しかし、学校は平均的な成績でいいとされていたので、アヒル本人以外は、誰もこのことを気にかけなかった。
ウサギは、かけっこにかけては最初から優等生だったが、水泳が苦手で居残り授業ばかりさせられているうちに、神経衰弱を起こしてしまった。
リスは木登り上手だったが、飛行の授業では、木の上からではなく、どうしても地上から飛べと先生に強制され、ストレスがたまる一方だった。疲労困憊の末、肉離れを起こし、やがて木登りもC、かけっこもDにまで落ちた。
ワシは問題児で、厳しく構成する必要があった。木登りの授業では、いつも一番早く木の上に到着したが、先生の指示する方法にどうしても従おうとしなかった。
結局、学年末には、泳ぎが得意でかけっこもまあまあ、木登りも飛行もそこそこという少々風変わりなウナギが、一番高い平均点を獲得して卒業生総代に選ばれた。
学校側が穴掘りを授業に取り入れてくれなかったことを理由に、モグラたちは登校を拒否し、その親達は税金を納めることに反対した。そして子供をアナグマのところに修業に出すと、後はタヌキたちと一緒に私立学校を設立し成功を収めた。
(『動物学校』R・H・リブス)





教育制度への疑問は何も、自分が学校に馴染めなかったからとか、いい成績がとれなかったからではありません。

いい成績をとって、いい大学に入って、いい会社に入っても、幸せが得られなかった。


そんな経験があるから、余計に教育制度に疑問を持つようになったのです。
ラベル:学校 教育
posted by Holy at 02:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

目的は明確になっていますか?

EV088.JPG





コーチングを始めるときに、まずやることがあります。


それは、その人の目的を明確にすることです。


コーチングを受けることの目的自体もそうですが、

何かを実現しようとしているのであれば、何か目的(理由)があるからだと思います。
理由もなく、ただ何となくやってみる。というのは、絶対にうまくいきません。


これはコーチングに限った話ではなくて、会社での仕事にも当てはまります。

何のために報告するのか、何のために資料を作るのか、何のためにプレゼンするのか

その仕事の目的がはっきりしていない場合は、出来の悪い仕事になってしまいがちです。
だから、上司が部下に指示を出す場合は、目的をはっきりと伝えてあげるべきです。

「この資料をいわれた通りに作りなさい。」では、思っていたものはできません。



ダイエットでも同じですね。

何のためにダイエットしたいのかがはっきりしていないと、

「明日からにしよう」「ちょっとぐらいいいよね。」

なんて甘えが出てしまい、ちっともダイエットが進まないということが起こりがちです。




本当の意味で目的が明確になったときは、爆発するようなエネルギーが沸き起こり、目標を達成するまでの原動力になってくれます。



少しでも、自分の目的を明確にしたいとおもったらこちら
http://shibatakazue.com/
posted by Holy at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

自分にとっての壁

今日は、以前に書いたmixiの日記から、わりと面白いと思うものを




いやー、とうとうやって来ましたよ、この時が。
なんの話かって?
自分が成長する為に乗り越えなければならない壁に挑戦する
時がやって来たんです。

正直に書いちゃいます。
自分にとっての壁は、


「本音を相手にぶつけることができない」


です。

きっと

「嫌われるんじゃないか」

と思っていたり 、心の奥底で自分に自信がなかったりしているせいで
自分の殻に閉じこもってしまうんだと思います。

あと、変なプライドを持っているとかね。


本音で人と接することができないから、友人となかなか 親しくなれない。
周りの人と信頼関係を築くことができない のだと思います。
これまで、ずっと気にしていたことで、変えたいと思って いたことなのに、なぜか忘れてしまっていました。


立て続けにこの問題点を目の前に突きつけられると 、いやおうにも認識しますよね。


この問題を指摘してくれる人が、自分の周りにいてくれることに感謝します。
この壁に挑戦する機会を与えてくれた皆さんに感謝します。


絶対に自分はこの壁を乗り越えて変わってみせます。
(くじけそうになってるのを見かけたら、言ってくださいね。)
ラベル: コーチング
posted by Holy at 00:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

どんな気持ちでコーチングをやっているか

FV027.JPG


コーチングを受けたいという人は、だいたい何かに困っている人ですよね。



上司や部下、夫婦、恋人、友人などの人間関係に困っている人

これからの人生(生活)が不安で、どうしたらいいか分からなくなっている人

自分の立てた目標に向かって、行動できない人

何に対してもやる気が出ない。けど、そんな自分がイヤだという人



いろいろいらっしゃるかと思います。
でも、この人たちに共通していることは、


”自分の人生を少しでも良くしたい。”


ということですよね。良くしたいと思わない人は、困ったりしません。

そして、困っている人たちは、それを解決する方法を知らなかったり、気づいていないだけだったりします。
困難の波にのまれて、客観的な判断が出来なくなっている場合もあります。



だから、出来事に対する違う角度からの捉え方を伝えたり、解決する方法を提案したり・引き出したりして、問題を解決してあげればいいと思っています。


一人ひとり、抱えている困難も違うし、性格も違う。だから、定型文のようなものを使うこともあるけど、ほとんどがオーダーメードのようにコーチングが進んでいく。

JAZZのジャムセッションのように、即興演奏のように。

その人のためだけのコーチングをやっています。


(1区切りのコーチングを1セッションと呼ぶのは、音楽のセッションに似ているからかな?)




コーチングを受けたい方はこちら
http://shibatakazue.com/
posted by Holy at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

黄金色の空

IMG_0717.JPG IMG_0716.JPG


今日の夕方は、世界が全て黄金色に輝いていました。

思わず、西の空を部屋から撮っていました。



こんな美しい表情を見せてくれる地球を、ずっとずっと残していきたいと思った瞬間です。




コーチングを受けてみたい方はこちら
http://shibatakazue.com/
posted by Holy at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偶然の出会いに必然を感じる

EV091.JPG


先日出席した講演会で近くに座った人と名刺交換して、いろいろ話しているうちに


出身大学が同じ


学部も同じ


学科も同じ


研究室も同じ


指導教官も同じ


研究テーマも同じ


元卓球部であるというところまで同じ。

という人に出会いました。

しかも、過去に同じ講演会に出席した経験もあり、過去の講演会も今回の講演会も研究テーマとは一切関係なし。


ここまで来ると、偶然に出会ったという感じがしません。

何か必然性のようなものを感じます。

彼との出会いが、これからどのように自分の人生のなかで、どのような意味を持つのかとても興味深いです。




コーチングを受けたい方はこちら
http://shibatakazue.com/
posted by Holy at 00:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

制限(リミッター)をはずす

コーチの仕事の中で重要な位置を占めているのが、


相手が思い込んでいる、自分自身の制限(リミッター)をはずす。


ことだと思っています。

「お金がないから、○○できない。」
「時間がないから、○○できない。」

という制限をはずすのも、その内のひとつだと思うし、

「自分には、これしか(この方法しか)ないんだ。」

という、思い込みもやはり、その人の行動を制限しているものなので、思い込みをはずす。


「××が怖いから(苦手だから)、○○できない。」

恐怖症やトラウマが原因で、行動や可能性が制限されてしまっている人がいれば、恐怖症やトラウマも取り除いてしまう。


制限をはずすことで、その人の行動や可能性が大きく広がっていくのであれば、手段にこだわる必要はないと考えています。


その手段が、質問して答えを引き出すことだったり、教えてアドバイスすることだったり、アイディアを提案してあげることだったりすると思います。



ほとんどの人が、自分自身では気づかないうちに自分に制限(リミッター)をかけてしまっていますが、その制限がなくなったときの表情の変化を見たり、行動した結果を聞いたりすることは、本当にうれしいことで、私の喜びです。



クライアントさん、本当にありがとう。

あなたの成功を応援します!
posted by Holy at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

南極は今・・・。

オーロラ2.JPG

友達の一人がいま、南極にいます。



ビックリされた方も多いでしょうね。

でも、事実です。
時々、写真を送ってくれます。


昨年の11月から来年の3月まで、越冬隊員として南極の環境改善を行っています。


南極へはこれまでたくさんの観測隊を送ってきましたが、初期のころの観測隊が
残したゴミが山積みになっているのです。

そのため、ゴミを分別・梱包して毎年数百トンのゴミを昭和基地から持ち帰って来ています。


手付かずの自然のように思える南極も人の手が入り環境が破壊されているのです。
そして、地球全体の環境破壊の影響もまた南極に表れています。

オゾンホール、氷山の融解、・・・。

氷山.JPG



私たち一人ひとりが、自分が環境保全についてできることを考え、実践する時ですね。
posted by Holy at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

しあわせ発見力☆研究所

友人のはまだまきこさんが、ステキなブログを書いているので紹介します。

彼女は犬飼ターボさんのハピサクレッスンという、しあわせに成功するためのレッスン(プログラム)を提供している講師で、独特な雰囲気の和やかな笑顔がとても素敵です。
その笑顔に、何度癒されたことか。

レイキティーチャーでもあるので、レイキを使った癒しをより多くの方に体験してもらうために、レイキのセミナーも開催されています。


彼女のブログ「Serendipity☆LABO」はこちら
http://ameblo.jp/goldgold-m/



このブログを読むだけでも、彼女の雰囲気が良く分かるし、癒されます。

お試しあれ。
posted by Holy at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

出来事そのものには意味はない。

私は日々コーチングを実践していますが、私自身もコーチングを受けています。

ただ、なかなかスケジュールの調整ができなくて、土曜日の朝6時ならコーチングを受けられることをコーチに伝えたら


「エッ、まさか。とは思ったけど、そんな時間にコーチングをやるという柔軟な考え方に脱帽。」


と、回答が返ってきました。


多くの人はこの場合、どうするでしょうか?


「ふざけるな!朝6時なんかに仕事できるか!」


と言って、怒りをあらわにしていたでしょう。しかし、彼は学びの姿勢を示したのです。



「ふざけるな!」と言った方は、これまでと同じ考え方の範囲で行動するため、これまでと同じ範囲の結果しか得られません。


そして「柔軟性に脱帽」と言った方は、新しい考え方や価値観を受け入れる姿勢にあるので、これまでとは違う考え方ができるようになり、これまでと違う行動して、これまで以上の結果を得る可能性があります。



起こった出来事は同じですが、その出来事の意味は、受け止める人によって異なります。そして、その後の人生の質に大きな違いをもたらす可能性があります。


ここで素晴らしいことに、出来事の意味をどのように受け止めるかは、自分で決めることができます。つまり、人生の質を現状で満足するのか、それともさらに質の高い人生を望むのかも選ぶことができるのです。



コーチングを希望される方はこちらから
http://shibatakazue.com/
posted by Holy at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ブログを書き続ける!

このブログを書き始めて、数日したときに決断しました。


”とにかく、21日間は1日1個はブログをアップし続けるぞ!” と


”そして、目標は1日3個の記事アップだ!”



なぜ、「21日間」かというと、人は1つのことを習慣化するのに21日間必要だと言われているからです。

そして、いきなり1日3個だとすぐにくじけてしまいそうだったので、まず自分でできると確信できる内容で始めようと考えた結果、1日1個の記事アップになりました。


しかも、記事を書くのはだいたい寝る前の時間です。
いつも、決まったタイミングで書くと決めておくと、続きやすいですね。
ほとんど徹夜はやらないので、「寝る前」と決めてしまえば、毎日書けます。



・毎日無意識にやっている習慣の前後にくっつける
・始めは少しから
・21日間は続ける
・21日間に慣れたら、少しステップアップする



こうすれば、自分が望む新しい習慣は作れるようになります。


(追伸)
ブログの更新は後1週間で21日連続になります。




コーチングを受けたい方はこちら
http://shibatakazue.com/
posted by Holy at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

コーチングを学びたい方へ(その1)

今回は、コーチングを学びたいと思っている方に、本をご紹介します。


「質問思考の技術」マリリー・G・アダムス著



この本は、コーチングの基本である質問することに特化して、コーチングを
おこなっているコーチを物語にして書いてある本です。


人は、質問によってその答えを見つけようと考えるため、質問の”質”によって
仕事や生活の”質”が変わってきます。


本の中では、質の低い質問をする人を ”批判者” 、質の高い質問をする人を ”学習者”
としています。

”批判者” は「どうして自分がこんな目に遭わなきゃいけないのだろう?」などと質問するのに対して

”学習者” は「この経験から何が学べるだろう?」などと質問します。



ただ、これまで「”批判者”の道」を歩んできた人でも、道筋をスイッチすることで
「”学習者”の道」へ変更することも可能です。


質の高い生活を望んでいるのであれば、「”学習者”の道」へスイッチすることをオススメします。
posted by Holy at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。